ずっと愛されるって難しいですよね。
慣れてきたからこそ、甘えてしまったり、許して欲しいと思ってしまったり……。
そんな中でも「愛され彼女」はきちんと大事なポイントを押さえています。

今回は、ずっと大事にされる「愛され彼女」の心得を集めてみました。

(1)彼氏を束縛しない

『束縛したくなる気持ちはよく分かります。だって不安ですもんね。僕も当時付き合ってた彼女を束縛していた経験がありましたが、いざ自分がやられてみると辛いなぁと今更ながら反省しています』(29歳/商社)

彼氏が大好きだからこそついついしてしまう束縛。
好きだからしているのに、強い「束縛」は彼氏の心が離れてしまうことになりかねません。

長く一緒にいたいなら、お互い認め合い、許しあうこともとっても大切。
「束縛」は重さしか与えません。
そして重い女から男は逃げたくなったり、離れたくなったりしてしまうもの。

束縛はやめましょう。

(2)愛情表現は素直に

『付き合いたてはお互い、不安だったからこそ好きっていう感情をぶつけたくなるものでした。でも何年も一緒にいるとつい愛情を伝えるのを忘れてしまいますね。結局、その彼女と別れてしまったので、お互いもっとスキンシップとったら良かった』(35歳/メディア)

長く付き合っていたり、慣れてきたりするとついつい「言わなくてもわかる」とお互いが思ってしまいがち。
でもそんな思いが、「思いやりがなくなった」、「好きじゃなくなったのかな」という不安を与えることもあります。

素直に愛情表現ができる人は、相手を安心させることができます。
「好き」や「ありがとう」の言葉があるおかげで、いつでも相手に対する気持ちを取り戻すことができるので、素直に愛情表現をするようにしましょう。

(3)相手のことを思いやった行動

『自分では意識してなくても、少しでも疲れていると思うと彼女が労わってくれるんです。こういう細かい気遣いできる女性は他にいませんね……だから、ちょっと結婚も考えています』(30歳/広告)

最初はかわいいだけで「守ってあげたい!」と思われることもできますが、彼氏が長く大事にしたいと思う彼女は、自分を大事にしてくれる人です。
彼氏の仕事やストレスに気づく、思いやりのある彼女を彼氏は大事にします。

自分が会いたくても、一緒にいたくても、相手が少しでも休みたいと思っているようなときは外でご飯ではなく家にしたり、マッサージをしたりして彼氏を労います。
自分のことをわかってくれる女を男は手放しません。

でも、やりすぎて「おかん」にならないように注意しましょう。

(4)二人の時間を楽しむ努力をする

『毎月、この日は二人で過ごすという日を決めてます。お互いに土日が休日なのですが毎週ではなく、1日だけでもデートする日を決めているのでかけがえのない時間を過ごせていますよ』(29歳/IT)

お互い趣味や友達が違ったり、職種が違ったりすると付き合っていてもすれ違いがちに。
そういう時は「食」や「運動」、「旅」、「音楽」など一緒に楽しめるものを1つでも見つけましょう

仲良く過ごすには、時に彼氏の趣味に寄り添ったり、一緒に楽しめるものを見つけたりしていると長く一緒にいられます。


「愛され彼女」になるには自分から愛すことが大事。
見た目を磨くことも大事ですが、ずっと仲良くするにはお互いの努力が必要です。

ありのままを愛してほしいというのは、彼女のエゴ。

彼氏もできればありのままを愛してほしいけど、それじゃ成り立たないですよね。
愛されるように、まずは自分から愛するようにしましょう。