男性も褒められたいと思う時があります。
そんな時に彼女から「ご褒美」をもらうと、また頑張れる活力になるもの。
今回は、男が彼女にされたい「ご褒美」を紹介していきます。

(1)キス

『普段は自分から求めているのですが、彼女の方からハグじゃなくて、キスしてって言われたとき「ひゃほぉぉぉぉぉ!!!!」って内心大喜び』(25歳/商社)

彼女からキスされて嬉しくない男性はいませんよね。
キスを彼女からされると、愛されている実感が沸き、キュンとするもの。
定番キスは、貰うと嬉しい「ご褒美」です。

彼が仕事で忙しかった時、「お疲れ様」や「頑張ったね」という言葉と共にキスをしてあげましょう。
男性も褒められたいと思っています。
特に付き合いが長くなると、褒めることが少なくなってしまいますよね。

彼が頑張っていると感じた時は、褒めてキスをすることは習慣にすると良いですね。

(2)ハグ

『ハグされると、やっぱり一番元気でますね。小柄な彼女の体を抱きしめていると、本当に安心感が生まれるものなんですよ笑』(27歳/営業)

ハグをすると癒されますよね。
特に好きな人からのハグは、元気を貰うことができます。
彼が仕事で疲れていると感じたら、「ご褒美」ハグをしましょう。

「いつも頑張ってるね」と言葉を添えると、男性は嬉しくなります。
自分のことを見ていてくれて、少しの変化にも気付いてくれることに、愛されていることを再確認。
いつも味方でいてくれる彼女の存在は、大きな励みとなります。

普段から彼とハグしているカップルは、「ご褒美」ハグだと分かるように言葉で伝えると良いですよ。
「ご褒美」を貰える事に意味があるのです。

(3)いいこいいこ

『僕は結構彼女に甘えさせてもらう感じです。ソファーに二人でテレビを見ている際にひざまくらしてもらってたんですけど、頭触られた時は結構たまらんものがありましたね』(30歳/公務員)

男性もたまには甘えたいと思うことがあります。
甘えさせてくれる彼女は、嬉しい存在です。
彼が何か手伝ってくれた時は、いいこいいこしてあげましょう。

甘えることが苦手で、甘えたくても上手に甘えられない男性も多いもの。
彼が甘えたいと感じているようなら、何かお願い事をして、その「ご褒美」としていいこいいこすることがおススメ。
そうすることで、男性はそのまま甘えることができます。

甘えるキッカケを作ってあげることも、彼女として大切なことですよ。

(4)ご飯を作ってくれる

『忙しい彼女のはずなのに、毎朝自分のために弁当を用意してくれるんです。もうご褒美どころの話じゃないです笑。感謝しかない。いつもありがとう。』(27歳/商社)

彼が頑張っていると感じた時は、彼の好きなご飯を作ってあげましょう。
自分のために料理をしてくれることに喜びを感じます。
もし、料理が苦手だったとしても、一生懸命作ってくれる姿だけでも感動もの。

「ご褒美に何が食べたい?頑張って作るね」と言えば、頑張る活力になります。
ご飯を作ってくれる彼女は、離したくない彼女となること間違いなしです。
いつも彼のためにご飯を作っている場合、「ご褒美」の時はいつもとは違う特別感のあるメニューにすると良いですね。


「ご褒美」を使えば、キスやハグをするキッカケができます。
また、彼を甘えさせてあげる絶好の機会です。
「ご褒美」をキッカケにラブラブな時間が過ごせるので、彼にはたくさんの「ご褒美」をあげると良いですね。

(文/恋愛jp編集部)