男性は皆、明るくてきれいな女性と一緒にいたいと思うもの。
だからこそ、「陰キャラ」な女性とは正直距離を置きたいと思う男性は多いです。

今回は、実際は違ったとしても、隠キャラに見えてしまうメイクのポイントを紹介します。

(1)薄付きすぎるチーク

『頬に色がないと、顔全体が暗く見えるし、性格も暗そうだなと思ってしまいがちですね』(25歳/広告)

赤やピンクに染まったチークは、女性らしさの象徴。
チークがどれだけ映えているかで、メイクの印象は大きく変わると言って良いでしょう。
きれいにチークの色が出ている女性は、魅力的に見えるんです。

濃いチークは厚化粧な印象で良くないですが、薄付きなチークも印象は良くありません。
チークがきれいに乗っていいないだけで、ノーメイクな印象にもなってしまいます。

「いい歳してメイクもしてないの?」とドン引きされてしまう可能性も。
チークはある程度しっかりと色が映えるように、乗せていくことを意識しましょう。

(2)眉毛ぼさぼさ

『眉毛が整っていない人ってダサい人が多いイメージがありますね』(30歳/営業)

メイクをしっかり研究している女性は、眉毛の手入れも欠かさない!
ただメイクで眉毛を書くだけではなく、毛の長さも整えておきます。
また、毛の向きもしっかりととかすことで、顔のメイクもきれいに締まります。

眉毛がぼさぼさであるだけで、陰キャラに見えてしまうことも。
眉毛の手入れは日常的に行っているでしょうか?

ちょっとくらい……と油断してはいけません。
眉一つで、人の表情は大きく印象が変わるものです。

(3)シャドウだけ発色がいい

『目元の色だけが浮いてしまっていると最近メイク始めたように見えます』(27歳/公務員)

シャドウだけ発色の良いのは、メイク慣れしていない人がやりがちな失敗。
シャドウだけ気合を入れて乗せすぎてしまい、アイラインがうまく引けていないのです。
また、自分に合った色選びができていない場合も……。

メイクが下手な印象を与えることは、女性としてマイナスでしかありません。
メイク慣れしていない=隠キャラと思われてしまうことも多いので気をつけましょう。

(4)唇はリップクリームのみ

『唇に色がないと、見た目の気遣いはできないっていう印象になってしまいます』(29歳/商社)

メイクが地味な人ほど、口紅やグロスを使うことを避ける傾向はあります。
赤く染まった唇は、女性を何倍にもきれいにしてくれるもの。
口紅がないと、全体的にメイクが控えめな印象になってしまいます。

そのため、いつもリップクリームしか塗っていない人は注意。
垢ぬけていない感じが、隠キャラで地味な印象に繋がってしまいます。


隠キャラ見えメイクについて紹介してきましたが、いかがでしたか?
普段のメイクが上のことに当てはまっている人は、要注意です。
少しでも周りの男性の気を引くために、メイク研究は欠かさないようにしましょう。

(文/恋愛jp編集部)