男がヤル気になるってどんな時でしょう。
「今日は何かあるかな」と思って待っていたり、いい感じになってそのまま流れであるかなとおもったりしたときに限って、何もなかったりします。
もしかしてそれは、男のやる気度をあげられなかったせいかもしれません。

では男が「性欲オバケ」になる時のきっかけになるテクニックってどんなものがあるのでしょうか。

(1)キスをおあずけする

『いい感じのところで焦らされると、こっちも引けなくてガツガツいってしまいます。今考えたらまんまと引っかかっていたんですね(笑)』(25歳/メーカー)

男は、女が思い通りにならないと、焦ります
とくに自信のある男にすぐに気を許したり、キスをさせたりすると、その男は「面白くないな」とおもってしまうんです。
駆け引きが一つもない恋は、退屈になりがち。

キスを簡単に許すのではなく、好きだけど戸惑っている素振りを見せて、相手の言葉や感情を引き出し「性欲オバケ」に化けるようじらしてください。

(2)ズボンの上から彼のアソコを撫でて終わりにする

『大胆に攻められると、こっちもその気になります。アソコも準備万端になったらもう途中でなんてやめられないです』(23歳/大学院生)

男は「なんで?」と思うと、女のことが気になります。
それにうってつけなのが、ズボンの上から彼のアソコを撫でて、それで終わりにするテクニック。
アソコを触ってくるということは、その気があるのに、途中でやめてしまうのは「なんで?」となるんです。

男を戸惑わせて、欲する気持ちをマックスに高め「性欲オバケ」にさせましょう。

(3)耳に息を吹きかける

『耳をいじるのは反則。普段触られ慣れてないし、ゾワっとするけど気持ちいい』(29歳/自営業)

比較的アプローチしやすい性感帯が、耳です。
男耳に、何かをささやくようにそっと息を吹きかけてみてください。
男はドキマギしながら期待が膨らんでしまいます。

何度も耳に近づき語り掛けたり、息を吹きかけたりしていると男の「性欲オバケ」度はどんどん上がっていきます。

(4)唇以外のキス

『不意打ちでの唇以外のキスは効果抜群。いつも一緒の彼女なのに、ドキドキが止まりませんでした……』(26歳/営業)

たとえばべたにほっぺに軽くキスをしたり、首筋にしたり、手にキスするのもいいでしょう。
普段意識していない部分に唇が触れることで、男はドキドキが止まらなくなります。
そして「次は唇にキスしたい……もっとしたい」とその先をイメージしてドッキドキ状態に。

可愛く「性欲オバケ」度を上げたい時にうってつけのアプローチです。


男は意外性と、思い通りにならないという2つのポイントでぐっとその気になります。
その気になったら性欲スイッチは入りやすくなるので、いくつかのテクニックを使って、相手に「どうしても抱きたい」と思わせましょう。
テクニックを使うと、相手はどんどんあなたにハマって「どうしてもしたい女」になっていきますよ。

(文/恋愛jp編集部)