多くの女性が憧れている色白でふんわりと柔らかいもち肌。
女性だけではなく、男性も魅力的に感じています。
もとから美白なら良いのですが、血色やシミなどちょっと気になる部分があるのも現実……。
今回は男性が触りたくなる美肌を作る際のおすすめなメイクアイテムと方法をご紹介します!

(1)コントロールカラー


『全体的に綺麗な美肌だと、触りたくなってしまうものですよね』(23歳/営業)

素顔を鏡で見た時、お肌全体の色味にムラがあるな……と思う人は、コントロールカラーにこだわってみましょう。
コントロールカラーは自分のお肌を調整し、のちのお化粧工程にも役立つアイテム!

健康的な印象に仕上げたいときは黄色、顔がすぐに赤くなってしまう人は緑、透明感をプラスしたいときは紫色など、様々な種類があります!
コントロールカラーの選択は自分だけの弱点部分を解決できる方法でもあるので積極的に使ってみるとよいですよ。

(2)クリームファンデーション

『シミなどがない綺麗な肌って女性らしいなって思います』(26歳/メディア)

シミやそばかす、毛穴などをきれいに見せたいなら、下地のあとにクリームファンデーション

取り入れ方は、顔全体に薄くクリームファンデーションを馴染ませた後、今度は気になる部分に乗せる形でファンデを置き、指でポンポンとなじませます。
脂っこくなりがちなTゾーンなどの場合はその部分は基本的に薄めにつけると脂が浮いた時も安心ですよ。

(3)ベビーパウダー

『赤ちゃんみたいなモチモチで素肌感あふれる肌って最高ですよね!』(34歳/人事)

まるであかちゃんのようなお肌は誰もが一度は触れてみたいと思いますよね。
ベビーパウダーはふんわりとした赤ちゃんのようなもち肌を作るのにふさわしいアイテム。

またベビーパウダーは肌にやさしく、仕上がりだけでなく状態も良くなるのが嬉しいポイントでもあります。
自然な仕上がりが期待できるため、ベースにBBクリームを使いそのあと上からベビーパウダーをはたくだけでもナチュラルな美肌に!

(4)クリームチーク

『肌に色が入っていると、女の子らしさが感じられるので可愛らしい印象を持ちます』(32歳/食品)

お肌にあまり血色感を感じないときはクリームチークをプラスしてみましょう。

お肌に血色感をプラスすることで、元気で張りのあるお肌の印象に仕上げることができます。
付けるときのポイントは指に取ったらポンポンと叩きながらつけることで、ムラなくきれいな仕上がりに。


みんなから人気のずっと触っていたくなるお肌は自分で作り上げるもの。
特にもともと実現するのが無理なお肌は自分に合ったメイクを知ることで、美肌な印象に変えることができます。
正しい手順や自分にあうコスメを見つけて触りたくなるお肌作りを実現させてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)