コートがオシャレだと、その下にはどんなファッション?と男性はワクワクするもの。
でもコートを脱いだ瞬間に「ダサい……」とがっかりされる場合も。
男性が「ダサい」と思う女の冬のファッションはどういうものなのでしょうか。

(1)服のサイズが合ってない

『どんなに彼女の雰囲気にあっている洋服とはいえ、明らかにサイズが違うダボダボサイズで、ちょっと勿体無いなと感じました』(35歳/人事)

魅力的な色合いやデザインの服でも、サイズが合っていないと台無しになります。
あえて、「少し大きめのサイズの服を着て可愛いと思われたい女心」もありますよね。
でも明らかにサイズが合わずに、服の良さが出ない場合はダサいと思われてしまうのです。

逆に少し小さめのサイズだけど思い切って着てみた!という場合も、痩せて見える効果を期待していたのかもしれませんが、逆に太って見えてしまうことも。

やはり、自分の体型に合う服のサイズがベストでしょう。
自分に合う服が分かっているのが、オシャレな女なのです。

(2)全体的に色が地味すぎる

『デートに来た彼女、パンツの色が茶色だったので、そこの時点で引きました。でも、まぁせっかく来てくれたしと思って食事に行ってコートを脱いだがいいこと、服も茶色!は?どうゆうこと?とさすがに引きましたね……』(30歳/IT)

コートとの相性にもよりますが、全体的に服の色が地味すぎると男性は残念な気持ちになります。
可愛い雰囲気や女性らしさを大切にするのなら、明るい色合いを意識したいですね。

特にデートの日には、パステル系などの可愛い系の服の色を選びたいもの。
地味な色の服を着ることにより、老けて見える可能性もあるので気を付けましょう!

(3)毛玉のついたニットやタイツ

『彼女の家は犬を飼っていて、季節の変わり目には必ず犬の毛が付着……。綺麗な服なのだから、しっかりと管理しなと言っておきました』(28歳/飲食)

毛玉について「このくらいならいいかな……」と思う女性もいます。
でも男性は案外しっかりとチェックをしているもの。

ニットやタイツに毛玉がついている時点で、コートを着ている時の方がオシャレだった……と、がっかりされてしまうのです。

普段着だとしても、毛玉については気を付けるようにしましょう。
毛玉のついたニットを来てタイツを履いていると、おおざっぱでガサツな女性という印象を与えやすいのです。

(4)着込み過ぎている

『着こみすぎてて、思わずシャツを何枚着られるかというギネス記録に挑戦しているのかと思った』(31歳/メディア)

コートを脱いだら、あまりにも薄着……という場合も男性から引かれるかもしれません。
でも隙が無いくらいに着込みすぎている女性も、男性から見て「ダサい」と思われてしまうのです。

程よい着込み具合がいいですね。
少し隙のあるぐらいのファッションを好む男性は多いので、マフラーをはずしたら少し胸元が開いているトップスなどは印象が良いのです。

着込みすぎていると、寒がりをアピールしているだけのように見えて、男性受けが良くないと知っておきましょう。


オシャレで可愛いコート!と思った時に、男性はコートの中を想像して嬉しい気持ちになります。
その思いを打ち砕いてしまうようなダサいファッションにならないように、コートを脱いで、更に魅力を感じさせるファッションを意識してみてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)