付き合い始めの頃は大好きな彼のために、早起きして、鏡を何度も見たり、服やメイクまで気を使ったと思います。
ですが、どんなに好きな相手でも付き合いが長くなってくると、どうしても甘えが出てきてしまいます。

「このくらいでも大丈夫か……」
「別に、そんなに気を使わなくても彼は怒らないもん……」
など、彼に対してどうしても妥協してきてしまうのが、マンネリ化の原因の一つ。
しかしながら、男性は意外にもそういった妥協に気づくものです。

では、どういった瞬間に男性は彼女を女として見られなくなるのでしょうか?
4つまとめてみました。

(1)毛の処理をしない

『夜の営みの際に、彼女が腕を上げた瞬間、付き合っていた当初はなかったわき毛が生えていて私のマグナムはショボチンです』(30歳/広告)

急に彼と会えることになった時に、つい忘れてしまっていることもあるムダ毛の処理。
ですが、男性から見て彼女が女として「サボってるな」と、げんなりするトップ5に入るのがムダ毛の処理なんです。

特に夏は腕を組んだ時や短いパンツやスカートを素足で履くのでどうしても気になるようです。
露出するということは、ムダ毛の処理も含めて「オシャレ」です。
急に会えることになっても、堂々と腕を組めるように怠らないようにしましょう。

(2)片付けない

『彼女の部屋に久しぶりに遊びに行った際に、食事した皿などが台所で置きっぱなしになっていたり……片づけないとか云々の前に衛生的に悪いし、とても萎えました』(29歳/コンサルタント)

彼女の部屋に遊びに行く回数が増えてきたり、同棲して気になりだすのが部屋の綺麗さです。
帰宅した時に、朝脱いだ服やメイク道具が出しっぱなしになっていませんか?

洗面所やトイレなども含め使い終わったら、次の人が気持ちよく使えるようにすることは、彼氏彼女出なくても人として大切なことです。
部屋が乱れると生活習慣が乱れ、それは服装や肌にも表れてきます。
部屋はきちんと整えてから外出するように心がけましょう。

(3)髪の毛がチリチリ

『結構、服より見るのが髪ですね。髪は女性にとって命ともいえるだろうし、そういったところを意識できない時点で女性として終わっているのではないだろうか』(25歳/司書)

服やメイクと同様に見られている部分と言えば髪の毛です。
デートで寝坊してしまうと、服やメイクより髪の毛をスタイリングする優先順位は落ちてしまいます。

ですが、きちんとお手入れされた髪の毛は清潔感があります。
逆に言えば、服やメイクがいつもよりシンプルでも、髪の毛がサラサラでツヤがあれば綺麗に見えるのです。
デートの準備に時間がない時、いつもと優先順位を変更し、まずは髪の毛からスタイリングしみてはいかがでしょうか?

(4)デブになった

『腹でているんですよ。確実に。彼女にはいつでも綺麗でいてほしいのに、どんどん劣化していくようで悲しくなってしまいました』(32歳/運送)

彼女を女として見られなくなった瞬間で一番多いのは体型の変化です。
付き合いが長くなると昔より年齢を重ねているぶん、仕事によっては生活習慣や環境も変わり、どうしても太ってしまうことはあると思います。

体型をキープできるのは並大抵のことではありませんが、太ってしまったことを諦めずに体型を戻すよう意識することが大切です。
そして、その体型でも可愛く、細く見えるようなオシャレを楽しみましょう。


どれも女性なら身に覚えのあることがあるのではないでしょうか?
でも、忙しくて自分に時間をかけられないときもありますよね。
男性は彼女にいつまでも、付き合った当初のように綺麗でいて欲しいと思っているだけです。

いつも理想の彼女でいるのは難しいと思いますが、大切な人から女性として見てもらえるように努力を怠らないようにしましょう!

(文/恋愛jp編集部)