自分の外見に自信満々な方は少ないのではないでしょうか。
きっと誰でも「もう少しウエストが細かったら」「目が二重だったら」とコンプレックスがあると思います。
そんなコンプレックスを誤魔化す方法をいくつか紹介します。

(1)マスクをする

『男もマスクをしてるとイケメンに見えるし、女性もそうだと思いますね。』(25歳/教師)

マスク美人という言葉を聞いたことがあると思います。
マスクは目元以外がすべて隠れます。
と、いうことは、顔の半分以上が隠れているということです。

人間の脳は、見えない部分を自分の想像で補おうとします。
その時の想像は、その人にとっての「こうあって欲しい」という理想で目元から下を想像してくれるので鼻や口、輪郭、顔の大きささえも誤魔化すことができます。
マスクは相手の想像力だけで顔を錯覚させてくれる優秀で簡単なアイテムです。

(2)スーツを着る

『普段はカジュアルな恰好が多い女性が、スーツできめているとドキッとしますね。「できる女性」感も増す気がします』(24歳/営業)

男性はスーツを着ると二割増しに素敵に見えますが、それは女性も同じです。
スーツを着ると姿勢もよくなり、スーツによっては体型も細く見えます
そして何よりも、スーツを着ると清潔感が出ます。

毎日お風呂に入っているから、清潔に見えるわけではありません。
スーツを着るだけで清潔感と女性らしい印象を与えることができるのです。

(3)スキニーにハイヒールを履く

『スラッとした女性はやっぱりそれだけで魅力的ですよね。ワイドパンツも流行ってるけど、体形を隠したいのかなって勘ぐってしまう……』(27歳/広告)

足が短い、太いと悩んでる女性は少なくないと思います。
そんなときは、思い切ってスキニーパンツを履いてみましょう。
スキニーパンツは足のラインが出てしまい不安な方も多いと思います。

ですが自分の足に合わせたデザインやカラーを選ぶと、細見え効果に繋がります
スキニーパンツを履くときにはヒールを合わせると足長効果が期待でき、より細く見せることができます。
ヒールは細く高い物がオススメですが、膝が曲がるような歩き方になってしまったり、猫背になってしまうとだらしなく見えて逆効果なので注意してください。

(4)髪を下す

『女性が髪で顔の輪郭を隠して、小顔に見せるというメイク動画を見たことがあります。その時にここまで変わるのかと驚いた記憶がありますね』(30歳/不動産)

顔の大きさや輪郭、雰囲気を変えるのに簡単な方法は髪の毛を下すことです。
髪の毛を下すと、顎や頬骨のラインが隠れるので小顔効果があります。
前髪も下すことでおでこも隠れ、より見えている顔の範囲を狭めることができます。

さらに前髪を下すと額縁効果で目元も大きく見せる効果があります
女性らしい雰囲気になり、目も大きく見え、小顔効果も髪を下しただけで出来るなんてメリットばかりですね。


今回は誰もが感じているコンプレックスを誤魔化す方法をご紹介しました。
すべてのことにたいして言えることは、まず自分のことを客観的に理解することが大切です。
それが分かれば自ずとそれに合わせた、自分の顔や体型を誤魔化す方法が見つけられると思います。

ぜひ自分に合った方法を探してみてください。

(文/恋愛jp編集部)