お互い仕事が忙しくなかなか会えない……。
またはお互い別々の趣味がある、彼との休みの日が合わないなど、お互いが多忙なカップルは会う時間を作るのも一苦労。
このままでは、すれ違いから破局なんてことにもなりかねません。

今回は、仕事も趣味も恋も充実させたいカップルのために、多忙カップルでも仲良しでいる方法を紹介していきます。

(1)短時間でも会える日を決める

『お互い仕事があるので、普段は仕事の後に食事をすることが多いです。でもだからこそ、仕事も頑張れるし一日会える日を大切にしたいと思える』(27歳/アパレル)

お互いが多忙だと、休みを合わせるのも一苦労ですよね。
休みが合うのを待っていては、会えなくなってしまいます。
休みを合わせるのではなく、短時間でも会える日を決めることが大事

ランチだけ一緒にする、仕事終わりに会って食事をするなど、短時間でも会うことが必要です。
曜日を決めることができれば、仕事の予定も組みやすいので、あらかじめ決めておくといいですね。
またどちらかの家にお泊りするなど、少しの時間を重ねることが仲良しの秘訣です。

(2)電話をする日を決める

『なかなか会えない時は電話するようにしています。メールじゃなくて、実際に話してみないとわからないことも多いので』(25歳/営業)

多忙なカップルはすれ違いになることも多々あるでしょう。
たとえば彼が電話をした時に彼女は取れない状況だった為、後で掛け直したら、今度は彼が取れない状況だったりとすれ違ってしまいます。
このすれ違いをなくす為に、電話をする日を決めておくことが必要。

また電話をする時間を決めるのでもいいですね。
そうすれば電話の時間は空けるようにし、すれ違いが起きることは少なくなります。
ただしガチガチに決めてしまうと負担になるので、取れない時はしょうがないくらいのスタンスを持っておきましょう。

(3)会えなかった時を責めない

『デートの約束があったのに、急に会議が入ってしまいドタキャンする羽目に……。彼女に怒られるかと思いきや、「仕事頑張ってね」というメールをもらい惚れなおしました』(32歳/弁護士)

急に仕事が入ってドタキャンになると、会えないぶん悲しくなりますよね。
つい相手を責めてしまうこともあるかもしれません。
しかしここはグッと我慢して、会えなくても責めないようにしましょう。

前に書いたように、会う曜日を決めていたとしても、会えない場合もあります。
その時に、「私はムリして空けたのに、どうして空けられないの?」と言ってしまうと、彼にとっても負担になります。
お互いが忙しいのは分かっていることなので、急な予定変更はお互いが起こり得ることだと頭に入れておきましょう。

(4)記念日を作る

『普段はなかなか会えないからこそ、記念日だけは大切にしたい。その時の写真をみると、仕事も頑張ろうと思えます』(34歳/医者)

多忙でなかなか会う時間を作れないカップルが仲良しでいるには、記念日を作ることが必要です。
誕生日やクリスマスなどカップルには記念日のイベントがたくさんありますよね。
他にも、そのカップルならではの記念日もあります。

記念日は特別感のある過ごし方をして、想い出を作ることが重要です。
相手のためを思う過ごし方できるカップルは、いつまでも仲良くできるカップル。
嬉しいことや特別なことは、二人で共有することが大事です。


仕事も趣味も恋も充実させていくには、お互いの協力が必要です。
毎日会えるからラブラブというわけではありませんよね。
相手を思いやる気持ちがあれば、お互いが多忙でも仲良しでいれますよ。

(文/恋愛jp編集部)