「あのデートから、何の連絡もこない……」
「もしかして、私捨てられた……?」

なんて、1回目のデートから次誘われないことってありませんでしたか?
もしかすると、デート中のあの行動が原因かもしれません。

そこで、男性が2回目のデートに誘わない女性にはどんな特徴があるかをまとめてみました!

(1)自分の話ばかりで男の話を聞かない

『女性は話を聞いてもらうのが大好きなことは知っています。でも、今回はデートですよね?お互いに満足しなきゃ意味がないのに……話を聞いていることに満足をこっちが覚えているとでも思っているんですかね。勘違いもはなはだしい……』(30歳/商社)

自分の話ばかりをして楽しそうにしていても、男性の表情が曇っている場合も!
デートだから!と高揚してしまうかもしれませんが、自分の話はほどほどにして、男性の話も聞くようにしましょう。

話上手だからと自負をしている女性は、デートでつい自分の話をしてしまいます。
でも男性にとっては、聞いてばかりいてもつまらない場合がありますので、男性の様子を見るのが必要です。
様子を見ながら、自分の話をしたり男性側に質問をして、男性の話をしてもらったりしてみましょう。

(2)それ知ってる!○○がさ~と話の腰を折る

『デートだけじゃなくて、人の話を途中で遮るのは空気読めない人ですよねぇ。一緒にいたくないどころか、一緒に働きたくない……。めんどくさそうです』(31歳/IT)

「この話、知ってる?」と男性から聞かれてもいないのに、話の腰を折るのはNGです。
これから更に話が盛り上がるところかもしれません。

でも女性が「それ知ってる!」と言ってしまうと、男性はこれ以上同じ話題について話す気持ちになれないのです。
一緒に盛り上がりたい思いがあるのかもしれませんが、次のデートにつなげるためにも男性の話を笑顔で聞いてあげるのが必要!

(3)周囲の人、環境への不平不満が多い

『そんなに世界のことを恨んでいるのかってくらい愚痴が多いんですよ。なんか、いったいどんな世界で暮らしてきたんだろう。ろくに良い生活送っていなさそう』(27歳/建設)

愚痴を言いたい時もありますよね。
でもせっかくのデートですから、愚痴はできるだけ言わない方がいいでしょう。

笑顔で愚痴を聞いてくれる男性もいますが、ほとんどの男性は女性の愚痴は出来るだけ聞きたくないもの。

特にお互いにとって共通の知人や友人の不平不満は、聞いていて不快な思いをする男性が多いでしょう。
男性が嫌そうにしているかどうかを見ながら愚痴を少し言って、様子を見る心の余裕を持つようにしたいですね。

(4)理由のない実家暮らし

『その歳で、寂しいからって実家暮らしはちょっと引きます。ムリムリ、恋愛対象外です』(27歳/教師)

お互いが実家暮らしなら、その良さについて語り合えるでしょう。
でも男性が自立をして一人暮らしをしている中、女性が実家暮らしの場合には理由について気になるもの。

「どうして実家暮らしなの?」ともしも質問をされたとしたら、「寂しいから」「楽だから」のようなことを言ってしまうと、男性から引かれるかもしれません。
例えば「年を重ねた両親が心配なので」のようにして、思いやりのあるところを見せて理由を伝えれば、男性は理解をしてくれるでしょう!


2回目のデートに誘われるためには、魅力的な女性だと思われるようにしたいですね。
最初のデートで、もう無理……と思わせないように男性の表情や態度に敏感になり、様子を見ながら過ごすようにしてみましょう!

気配り上手で一緒にいて居心地がいいと感じれば、もう一度会いたい女性として、男性から次のデートに誘われるはずです。

(文/恋愛jp編集部)