週末はいよいよ勝負をかけたい合コン。
多くの女性がメイクにも気合いを入れて合コンに参加していますが、中にはそのメイクでチャンスを逃していることも……。
モテ女子と差が出てしまうブスメイクの特徴をまとめてみました。

(1)ダマつきマスカラ

『バサバサなまつ毛だと、まつ毛にゴミがついているのかなって思っちゃいますよ。でも、言いにくいからスルーしてます。自分で気を付けてほしい!』(28歳/コンサル)

マスカラを使用する際、きちんと使用期限は理解して使っていますか?
マスカラの使用期限は長くても3か月と言われているんです。
そのリミットを過ぎたマスカラを平気で使っていたという女性は要注意!!

使用期限が過ぎたマスカラはダマになりやすいだけでなく、ウォータープルーフやカールUP度など本来求めて購入した性質がグンと低下しています。

また塗った後は大丈夫でも皮脂や乾燥を繰り返してダマになりやすくなるので、使用期限を守ってダマにならないよう、正しい使用をすることを心がけましょう。

(2)外人風の彫りが深いハイライト

『写真だと違和感はあまりないのかもしれませんが、実際あってみると違和感ありますよね。むりやり陰影をつけている感じで……』(34歳/金融)

最近、ヘアスタイルだけでなくメイクにも外人風メイクが流行っていますね。

中でもメリハリをつけてくれるハイライトは、必需品でもありますが、そのハイライトが裏目に出て、やりすぎメイクになっていることも。
ハイライトの乗せすぎはナチュラル感はなく、舞台メイクのような厚盛感が出てしまいます。

お洒落上級者なら仕上げにふんわりつけているので、ここの違いをしっかり理解しておきましょう。

(3)アイラインが長い

『長すぎて不自然だと、失敗してるのかなって思っちゃいますね。あと、どことなく一昔前のメイクってイメージがありますね』(26歳/アパレル)

長めにグッと目尻をあげるアイラインの引き方はもはや時代遅れ。
今このスタイルを取り入れていると、合コンで「もしかして年代が上の人なのかな?」と年齢を問われてしまう原因にもなりかねません。

今シーズンはキリっと感ではなくぼんやり感を出す方が旬とも言われています。
アイラインを引く際はマスカラやシャドウよりも控えめにして自分の目に対して不自然にならない様に引くことが大切です。

(4)血色のないチーク

『頬はやっぱりナチュラルな感じがいいですね。そうでないと、逆に体調が悪そうに見えてしまいます。』(24歳/IT)

シャドウやリップの色味は気にするけど、意外とズボラになりがちなのがチークのカラー。
自分の肌にはこれが合うからとか、なかなか減らないという理由だけで、チークを選んではいませんか?
特にオレンジ系は濃いピンクなど血色のないチークは不自然でせっかく他のメイクを完璧にしていても残念な仕上がりにしてしまいます。

チークを選ぶ際は自分のお肌の赤みに寄り添ったカラーを選ぶと失敗を防ぐことができますよ。


せっかくの合コンをメイクで失敗するのはもったいないこと!

モテ女子はアイテムだけでなく、メイクに関しては特に慎重になっていたり、こまめに化粧直しをしていたりもします。
ズボラ感が丸見えでブスメイクに認定されないよう、合コンの際はいつも以上にメイクを気にかける様にしてみて下さいね。

(文/恋愛jp編集部)