彼氏ができてもいつもフラれてばかりの女性には、きっと共通の原因があります。
例えば、「ネガティブ」な性格だったり、マイナス思考の持ち主だったり。
今回はそんな彼氏に別れを考えられる「ネガティブ彼女」の特徴をまとめました。

心当たりのある女性は、改善のきっかけにしてみてください。

(1)自己肯定感が低い

『常に僕は彼女に「愛情があるかどうか」を試されているんですよ。何をするよりも、彼女といる時が一番息苦しさを感じていました』(33歳/銀行)

自己肯定感が低い女性は自信がありません。
その自信のなさをすぐに「彼氏」で埋めようとします。

その自信のなさのせいで、「本当に好きなら…」と相手を試してしまったり、ちょっとしたことで疑心暗鬼になってしまったりしがち。

最初はかわいいなと思って付き合ってくれる彼氏も、彼女の底のない「私が好きなら私を満足させて」オーラに疲れてくるでしょう。

自己肯定感は、他人がくれるものではなく、自分で持つもの。
求めてる限り、それは埋まることはありません。

(2)彼氏の好意を信じていない

『好意を素直に受け取ってくれないと、僕のこと信じてくれてないんだなって実感します。最初は「信じてもらおう」と努力するんですけど、それが続くとなると正直……キツイですね』(28歳/営業)

「ネガティブ彼女」は自分に自信がなく「どうせ私なんて…」と思いがち。
だから、彼氏の好意を素直に受け入れることができません。

そのせいで、彼氏は素直じゃないあなたをかわいいと思えなくなるし、どうしていいかわからなくなってしまいます。

「ネガティブ彼女」は自分を信じることができないからこそ、相手のことを信じることもできません。
でも、それって、彼氏はとばっちり。
そんなのは愛情ではなく、自己愛です。

そろそろ殻を破って、相手のことを信じてみてはどうでしょう。

(3)褒めても響かない

『褒めているのに信じてもらえないと褒めようとする気がなくなります。そうすると彼女の良いところが見つけづらくなるんです』(26歳/公務員)

「ネガティブ彼女」はつい褒められても、謙遜しがち。
というか、褒められても素直に喜ぶことができません。
褒められても「私なんて…」と思ってしまうので、彼氏も褒めがいがない。

せっかく彼氏が彼女を肯定してくれたのに、自分バリアーが強いせいで素直に入ってきません。
それでは、彼氏も褒めがいがなくて、「素直じゃないな」とうんざりしてしまうでしょう。

(4)冗談を真剣に受け取ってしまう

『ただの冗談に本気で落ち込むから、毎回言葉には注意しなくちゃいけなくて。すごく疲れましたよ』(30歳/商社)

「ネガティブ彼女」は、彼氏のちょっとした冗談を重くとらえてナーバスになりがち。
冗談で「ちょっと太った?」などと言おうものならショックを受けて落ち込んでしまいます。

彼氏は彼女とコミュニケーションをとりたいだけなのに、いちいち重くとらえられるので何も言えい雰囲気に。
男が何も考えずに言った冗談を笑って流せるくらいの余裕を持ちましょう。


自分のことを「私、ネガティブだから」という女性はたくさんいますが、それは相手に「私ってメンドクサイから慎重に扱ってね」と宣言しているようなもの。
それって、めんどくさい女ですよね。

彼氏は自分の自信のなさを補ったり、埋めたりする都合のいい相手ではありません。
まずは「ネガティブだから」と言い訳しない練習からはじめてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)