「膣キュン」という言葉をご存知ですか?
子宮で好きと感じることで、彼のことを欲しいと強く思うことです。
膣キュンすることで、これまでにないほどの快感を得ることができます。

汗だくになって、頭真っ白に彼しか見えない……そんなエッチしてみたくありませんか?
そんな彼とのエッチで、心も身体も満たされる膣キュン体位はどのようなものでしょうか?

今回は、彼を奥まで感じられる「膣キュン体位」を紹介していきます。

(1)正常位

『正常位が一番ですねやっぱり。私は、正常位の方が、楽だし彼の目を見ながらエッチ出来るのでとっても幸せです』(24歳/受付)

正常位は、女性が仰向けに寝て、男性が向かい合う形で挿入する体位です。
エッチでは、オーソドックスな体位と言えます。
正常位は、向き合っている状態なので、彼とキスしたり抱き合ったりと、心の繋がりを感じる体位

また、色々なバリエーションができ、身体の快感も得やすいのが特徴の一つ。
腰を浮かせる体勢を取ると、奥への刺激があり快感がより強くなります。
正常位は、男性が主導権を握れる体位なので、女性は愛されている実感も得られ、「膣キュン」する体位です。

(2)屈曲位

『体が柔らかくないとつらいかもしれませんねぇ。でも頭に少しだけ血が上る感覚でぼーっとしながら快楽に身をゆだねるのも最高ですよ』(27歳/IT)

屈曲位は、正常位のアレンジバージョン。
女性の両足を男性の肩に掛ける、あるいは、曲げて胸にくっつけるように折り曲げる体位のこと。
正常位とは挿入角度が変わり、もっと奥まで刺激を与えることができます。

彼とは向き合っているので、心の繋がりを感じたまま身体への快感も得られる体位。
正常位で興奮が高まってから屈曲位へと移るのがおススメ。
女性が淫らな格好になるので、男性の興奮度もアップし、彼の興奮が伝わってきて「膣キュン」間違いなしの体位です。

(3)対面座位

『私は正常位より、断然対面座位派です。男性のアソコの角度と、膣の形がちょうどいい感じにフィットするのが対面座位だってきいたことがあります。私はめちゃくちゃ気持ち良くて失神しかけちゃいました……』(35歳/メディア)

対面座位は、男性と女性が座った状態で向き合って挿入する体位のこと。
抱きしめるように繋がるので、彼の愛情を感じて「膣キュン」。
彼とキスをしたり、触れ合ったりできるので、女性にとって精神的満足度が高い体位です。

また、対面座位は女性が主導権を取れる体位なので、自分が感じる挿入角度や動きを見つけやすくなります
感じる部分を探し当てたら、積極的に動きましょう。
彼女が積極的に動いている姿は、男性を興奮させますよ。

(4)駅弁ファック

『彼に抱えられながらヤるのは最初不安あります。でも、彼の力持ちな感じがたまらなくて、下から攻めあげられる感じがもうたまらなく気持ちいい』(28歳/医療従事者)

駅弁ファックは、男性が女性の膝辺りを抱きかかえて立ち、女性は男性の首に掴まり挿入する体位。
男性は立ったままで、女性は宙に浮いている状態なので、かなりアクロバティックな体位になります。
女性は、男性に全てを任せなければいけないので、彼を信頼していなければ感じることはできません。

また、深くまで挿入されるので奥が感じる体位。
自分は動けずに彼の好きにされるので、恥ずかしさもありMっ気のある女性は興奮します。
いつもとは違う体位で、彼のたくましい感じにドキドキして「膣キュン」してしまうかも…。


心と身体両方が満たされることが「膣キュン」する要素。
大好きな彼と一緒に気持ち良くなれるエッチは幸せですよね。
ぜひ、「膣キュン」する体位で、彼といっぱい気持ち良くなって下さい。

(文/恋愛jp編集部)