初デートでは、緊張して何を話していいか分からなくなることありますよね。
沈黙が嫌で何か話さなきゃと焦ってしまい、「自虐ネタ」を話してしまう人がいますが、それ失敗です。
初デートで印象が悪くなる話は極力避けたほうが無難。

今回は、初デートで話してはいけない女子の「自虐ネタ」について、紹介していきます。

(1)過去の恋愛に対する自虐

『元カレの話は今するべきではないよね。君の彼氏は今目の前にいる僕なんだからさ。それとこの先もし別れたとしたら、僕も愚痴られると思うと付き合いたくない』(26歳/教員)

「男運がないんだよね~」や「元彼が最悪で……」」など、過去の恋愛に対する自虐はNG。
そもそも自虐ネタではなくても、過去の恋愛話を聞くと冷めてしまうという男性も多いもの。

「自虐ネタ」を話しているうちに、元彼の悪口になってしまいます。
人の悪口を言っている人は、大切な彼女とはなかなかなりません。
知らなくても良い過去の恋愛話を聞かされた挙句、元彼の悪口を言っているような女性は、冷められても仕方のないこと。

もし、彼のほうから過去の恋愛話を振られたとしても、初デートでは、上手にスルーしたほうが無難です。

(2)自分の容姿に対する自虐

『そんな人と付き合っていたとして、僕の立場も少しは尊重して欲しい……少しぐらい自分は大丈夫だって思ってもらわないと……』(30歳/メディア)

「私、顔面偏差値低いから」や「デブだから着られないの」など、容姿に対する自虐は勘弁して欲しいと思っている男性は多いです。
そんな自虐、フォローが大変ですよね。
「そんなことないよ」以外の言葉が見つからず、困ってしまいます。

「そんなことないよ」という言葉が欲しくて言っているようにも見られ、面倒くさい女だなと思われることも……。
面倒くさい女性と付き合いたいとは思いませんよね。
自分がいつもネタにしていることでも、初デートの相手が友達のように笑ってくれるわけではありませんよ。

(3)自分の年収に対する自虐

『なんか軽く見られない問題ですよね。自虐するあたり、それを改善しようとしてナインだなって僕は思っちゃいますね』(24歳/大学院生)

「給料低くって食べていけないよ」や「私すぐ仕事で失敗しちゃって」など、笑いながら伝えたとしても、笑えないネタ。
お金に関しては、深く踏み込めない部分なので対応に困ってしまいます。

また、自分の年収を聞かれるかもしれない……結婚を焦っているのだろうか?など憶測されてしまいます。
初デートでは、敬遠されてしまうネタなので、お金に関しては触れないほうが無難。
会社の愚痴にも発展しやすい自虐ネタなので、避けたほうが良いでしょう。

(4)自分のお酒の失敗に対する自虐

『だらしない女だなと思います。初デートじゃなくても、お酒の失敗は正直なんか引きますね』(30歳/IT)

ちょっとした失敗は話のネタになり、可愛く思われるので良いですが、大きな失敗は引かれる可能性があります。
「酔っぱらって道で寝てた」や「起きたら血だらけだった」などの笑えない失敗談はNG。
だらしない部分や酒癖が悪いことを報告しているだけで、印象は悪くなるばかり……。

深刻な話も笑いに変えたほうが、話している側は楽になりますが、聞いている側は重たいだけ
可愛く思われたいドジエピソードなら良いですが、本気の失敗はネタにしないようにしましょう。


「自虐ネタ」も上手に話せば可愛らしく守ってあげたいと感じる男性もいます。
しかし、ドン引きする男性がいるのも事実。
「自虐ネタ」は友達同士でウケた話でも、デートでは避けたほうが良いですよ。

(文/恋愛jp編集部)