2018年のドラマも終盤に近付いてきましたね。
注目するのは、亀梨和也が11年ぶりに主演ドラマを務めたことで話題になった「FINAL CUT」!

とある報道番組で犯人扱いされ自殺に追い込まれた母親を、亀梨和也演じる「中村慶介」が、多くの偽名を使い、事件に関わったスタッフや、家族に接近し巧妙な手段で騙し復讐を行っていくストーリーです。

そこで今回は、中村慶介のように彼女に騙されたと感じたことを紹介します!

(1)プチ整形

『2年経った記念日の日に、いきなり目元整形してんだよねと言われたこと』(27歳/コンサルタント)

プチでも整形は整形。
韓国では整形は当たり前かもしれませんが、日本ではまだ浸透していません。
男性はまだまだ反対の意見も多いのも事実です。

彼との信頼関係ができているのであれば、カミングアウトしても大丈夫な可能性も……!
整形に関してどう思っているのかを聞いてみるのもいいかもしれません。

(2)元キャバ嬢

『清楚な感じの子なのに、学生時代長く水商売をやっていたのは、騙されたとかんじちゃいましたね』(33歳/薬剤師)

今がいくら清楚で大人しくても、水商売をやっていたというだけで、たくさんの男性と遊んでそう……とあまり良くない印象なってしまいます。
さらに清楚で大人しい彼女がやっていた場合、そのギャップに引いてしまうでしょう……。

(3)すっぴんが別人

『メイクはもはや詐欺です。あんなに素朴な顔が綺麗になるなんて詐欺以外のなにものでもないし、すっぴんとの差が激しいと騙された気持ちになります』(31歳/広告営業)

彼女のすっぴんが見れるのは、彼氏の特権であり、心を許してくれたんだと嬉しく思います。
しかし、その特権がマイナスな方向に行くことも……。
特に普段から濃い化粧をしている女性は要注意です!
多少は顔が変わるとわかっていても、取った時の顔の薄さに度肝を抜かしたという男性もいました。

(4)キープだった

『最近なかなか予定合わないなと不思議に思って、彼女がお風呂に入っている間に携帯を見たらホーム画面が男との2ショット。さすがにショックでしたね』(26歳/自営業)

一緒に添い寝してくれるソフレや、ハグをしてくれるハグフレの様な○○フレが少し前に流行りましたね!
本命はいるが、何か物足りなくてキープを作る女性が急上昇しているそうが、やるなら徹底的に隠し通してほしいと思うそうです。


いっそのこと騙されたままの方が幸せだという結果に……
彼の気持ちが遠くに行かないように、メイクは徐々に薄くしていくなど工夫をしましょうね!

(文/恋愛jp編集部)