こんにちは、女優&ライターのmamiです。

今回は、あなたにとっての恋の理想と現実が見える心理テストをご紹介します!

まず、高校の同窓会で集まったら、当時のカップルがそのままゴールインしていてビックリ! というシチュエーションを想像してみてください。

高校時代には4組ほどカップルが誕生していました。
でも3組は分かれてしまっていたのです。
さて、結婚したカップルは次のうちどれでしょう?

(1)チアリーダーと運動部エースのカップル
(2)地元では不良と見られていたカップル
(3)生徒会長と副会長のカップル
(4)あまり学校に来ていなかったカップル

このテストからあなたの抱く恋の理想が想定できます。
答えは後ほど解説するとして、同じ発案者パーソナリティ研究家の中嶋香澄さんの著書から、まずは、あなたの恋の現実がわかるテストにトライしてみてください!

心理テスト「花束のプレゼント」

あなたの誕生日の朝をイメージしてください。

花屋さんがチャイムを鳴らし、「お届け物です!」と、ひと抱えもある大きな花束を抱えて来ました。
あなたは交際中の恋人からの誕生日プレゼントだと喜んでドアを開けます。
ところが差し出された受領書にサインしようとしたとき、がっかりすることが起きました。それは以下の3つのうちのどれでしょう?

(1)名前を確認した花屋さんが「お隣と間違えました」と恐縮して言った
(2)送り主を見ると、恋人ではなく恋愛対象と考えたこともない興味のない男性の名が書いてあった
(3)花屋さんが「着払いです」と代金を請求してきた

答えは決まりましたか?
それでは解説していきます。

心理テスト「花束のプレゼント」の解説

花束は愛情の象徴です。愛を受け取れると思ったあなたを失望させた出来事は、日頃あなたが恋について悩みがちなことを表しています。

(1)を選んだ人は……

「もっといい人がいるかも」という高望み、目移りが止められない悩み。

恋人がいても、もっと素敵な人がいるんじゃないか、自分にふさわしい人は他にいるんじゃないか、と思ってしまいます。ルックスや学歴、職業、収入などハイスペックの恋人を持つ他人をうらやましく思う気持ちを捨てられません。

(2)を選んだ人は……

「本命の人」となかなか両思いになれない悩み。

好きでもない人からは結構モテるのに、好きな人にはなかなか振り向いてもらえません。本命の人とはつきあえず、2番手か3番手くらいの、つき合ってもいいかなと思う程度の人と妥協してつき合っている場合も。

(3)を選んだ人は……

男女の間での「おごる」「おごらない」がすごく疲れる悩み。

あなたはデートのときはおごってもらうのが当たり前と思っていて、「ワリカンにしよう」なんていわれた時点で そんな男性は将来性もなさそうと感じ、幻滅してしまいます。おごる、おごらないを気にする自分も嫌ですが、どうしても気になってしまいます。


いかがでしたか?
では冒頭のテストの解説をしますね。

(1)を選んだあなたは誰が見ても「勝ち組」の裕福な結婚を理想としている!
2人は高校時代からみんなの憧れで注目の的でしたから。

(2)を選んだあなたは家族を第一にした、温もりある結婚生活を理想としている!
反抗的な2人ほど、親や家族を大切にする大人への成長は早いものです。

(3)を選んだあなたは夫婦で協力しあう対等な関係の結婚生活を理想としている!
賢い優等生の2人はそんなイメージですよね。

(4)を選んだあなたは生活臭が嫌い。籍を入れずに同棲でもOK!
社会の常識にとらわれない恋への憧れ。枠にはまらない生活が理想です。


どうでしょう。理想と現実を照らし合わせてみると、少し修正した方がいい点も見えてくるのでは……?
                               
【参考資料】「ドラマチック心理テスト」  著:中嶋真澄  王様文庫
                              
●ライター/mami(女優&ライター)