ナチュラルなすっぴんメイクがトレンドになっているこの頃ですが、中には取り違えて非モテなメイクになっている人もたくさん存在しています。
これだけは避けておきたい地味顔メイクの特徴を4つあげてみました。

(1)細眉

『地方のイオンかドンキによくいるDQNかよ…!』(27歳/商社)

ふと眉やまん丸眉、平行眉が流行っている中で未だに眉毛の書き方が得意でない人がやってしまいがちなのが細眉。
地眉毛をここぞというばかりにカミソリで沿って一本線で引いていては、もはやヤンキーやガラの悪い印象を与えてしまうことに。
また眉を補足すればするほど、瞼が腫れぼったく見えてしまうため一重さんは尚更注意しておくことが大切です。

(2)暗すぎるシャドウ

『もしかして陰キャラの方ですか?』(31歳/不動産)

暗い印象のシャドウを使えば大体は目が大きくみせることができると勘違いしてはいませんか?
あまりにもアイホールに暗いシャドウを塗ってしまうと、余計に目の小ささが引き立ってしまうだけでなく、華やかさがないため女性らしいメイクとしても物足りなくなってしまいますよ。

特に男性からモテたいと考えているなら少し明るめな色味を取り入れることが重要です。

(3)ベージュリップ

唇もナチュラルに仕上げたいと思う人の中で、ベージュリップを取り入れている人を見かけますが、唇の色としてはイマイチ、アプローチにかけてしまうこともあります。
また男性から見ても色気をあまり感じることができないため、非モテメイクの対象になりがちです。
ベージュリップを使う際は色味のあるグロスを上から重ね塗りするなどほんのり色味をプラスして使用するのがオススメですよ。

(4)目の大きさに合わないつけまつげ

『つけまに遊ばれてるんじゃねえよ』(30歳/IT)

メイクアイテムして定番にもなっているつけまつげは多くのサイズがあり、選ぶのも悩んでしまうという人もいることでしょう。
しかし、自分の目の大きさに合わないつけまつげを使用していたりすると盛っている感が主張されてしまったり、剥がれ易くなり非モテメイクの対象にもなってしまいますよ。
つけまつげを選ぶ際は自分のまつ毛に少しプラスするイメージで長さも自分のまつげより少しだけ長いものを選ぶことがポイントです。


今までモテなかった理由はもしかしたらメイクのやり方にあったかもしれません。
メイクも季節ごとで流行が変わっているので旬顔を作る際はまずはトレンドの情報をいち早くチェックして、流れに乗り遅れないよう、研究を積み重ねることが大切ですよ。

(文/恋愛jp編集部)