男性は女子と付き合ったり夜を過ごしたがために、甘い言葉をささやきます。
でも、男性は女子が言って欲しい肝心な言葉はなかなか言いません。

一番大事にしたい彼女にとっておくのです。
では、女子が欲しい「一番の彼女」にしか言わない男のセリフとはどんなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

(1)「早く結婚しよ」

『いつかと言っているうちは、男性には結婚願望はないと思った方がいいですね。大切な人だったらすぐにでも一緒にいたいはずですから』(31歳/銀行)

「いつか」の結婚の話をするのではなく、結婚を早くしたいというのは男が本気の印
自分が本心から好きな「一番の彼女」にしか言いません。

「そのうち結婚したいね」などとは似ている様で本気度が違います。
他にも両親の紹介や結婚の具体的な話をしてくれる彼氏は彼女にぞっこんでしょう。

(2)「上から下まで全部可愛いね」

『もう、やること全てが可愛くてたまらないんですよね。一緒に何やっても楽しくて、姿も含めて何から何まで可愛い。お互い良いパートナーに出会いました』(32歳/商社)

「一番の彼女」と思っている時、男は彼女がかわいくてたまりません。
歯の浮くようなセリフも平気で言えてしまいます。

「上から下まで全部可愛いね」と言われれば、女子もまんざらではないでしょう。
顔や胸、お尻や足ばかりでなく、ネイルやメイクの変化に気付いて褒めてくれる彼氏も彼女のことが大好きです。

素直に受け入れて、にっこりお礼を言いってくださいね。

スポンサーリンク

(3)「合いカギちょうだい」

『職場から近いのが彼女の家なので、もし遅くなってしまったときとかのために合鍵をもらっています。なるべく一緒にいたいので。まぁ、近々同棲も考えています』(28歳/保険)

彼女のことが好きになると、できるだけ一緒にいたいと思うようになります。
仕事の後や、用事があっても二人でゆっくり過ごせるよう合いかぎを交換するようになったら彼氏の「一番の彼女」になった証です。
女子は早く交換したいと思う人が多いですが、彼氏の方から言うのは本気度が高いことまちがいなしでしょう!

(4)「いつもありがとう」

『お互いに感謝の言葉を忘れないように心がけています。何かをしてもらったら、当たり前と思うのではなく素直にありがとう。これを徹底するだけで、長続きしますよ。おかげさまで結婚したのでアドバイスとして』(35歳/IT)

彼氏が彼女を本当に大事に思っていたら、「ありがとう」をたくさん言います。
同時に、「ごめんね」もちゃんと言っているでしょう。

大切に思っているから、してくれたことには感謝ができて、悪かったとおもうことは素直に謝れるのです。
逆に「ありがとう」も「ごめん」もない男は、あなたがなにかしてくれても当たり前と思っている証拠。
彼女を下に見ている可能性大です。


忙しい時こそ、素直な気持ちを伝えあうことが大切。
忙しくても、すれ違っても、連絡をちゃんととり、気持ちを言葉でちゃんと伝えてくれる彼氏の行動は、あなたが「一番の彼女」な証拠です。

相手から一番認定されるのは嬉しいですが、もちろん自分の気持ちを相手に伝えることも大切。
日頃の感謝や、ずっと一緒にいたい気持ちをちゃんと伝えて、お互いの一番でありたいですね。

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク