あなたは、彼に対して何か隠し事をしていますか?
隠し事の無い関係というものにも憧れますが、必ずしもいいことばかりではないようです。
どうして、隠し事なしの恋愛は上手くいかないのでしょうか?

隠し事なしの恋愛が上手くいかない理由

(1)お互い愚痴が増える

『なんでも言えるから、お互いが我慢しなくなっていつも喧嘩になっちゃうんですよ』(34歳/経理)

隠し事をしないということは、相手と本音で向き合うということです。
もちろん、本音で向き合うのは決して悪いことではありません。
ですが、常に相手と本音で接すると、関係性にひびが入ってしまうことがあります。

例えば、付き合っていればどうしても相手に対して不満を感じる場合が出てきますよね。
その不満や愚痴をイチイチ相手に話していれば、関係性は悪化するのは目に見えているでしょう。

(2)相手の欠点が見える

『欠点を1つ見つけてしまうと他の嫌なところもどんどん出てきてしまいますよね』(28歳/営業)

隠し事をしないということは、自分の欠点も隠さないということです。
相手がそれを受け入れてくれればいいのですが、必ずしもそうとは限りません。

恋人の欠点を知るうちに、だんだん相手を嫌いになってしまう可能性も高いです。
欠点が見えすぎれば、どちらかが愛想を尽かすことになるでしょう。

(3)心配事が増える

『異性と遊ぶ時とかに報告されるとその日そのことで頭がいっぱいになってしまいます』(21歳/学生)

何でも相手に話すとなると、例えば異性の友達との付き合いも正直に話すことになります。
彼から、「〇〇ちゃん達と遊びに行ってくるね~」と言われたら、不安に感じませんか?

特に恋人に対しては、相手に心配を指せないために隠しておいた方がいいこともあるのです。

隠したままのほうがいい隠し事って?

(1)元カレについて

『元カレは話に出てくるだけであんまりいい気はしないですね……何をするのにも比べられてる感じがしちゃいます』(29歳/広告)

元カレの話を嫌う男性は多いです。
今の彼から元カレについて聞かれても、極力答えないようにしましょう。

特に、過去の経験人数が多い人は要注意!
彼女の経験人数が多いと知ると、自信を無くして落ち込んでしまう男性もいます。

元カレとの思い出は、なるべく隠すようにした方が無難です。

(2)いじめなど過去の暗い経験

『暗い過去の話をしてくれる分には心を開いてくれていいるのかなって思うんですけど、その後がやりづらくなってしまいます……そんな包容力僕にはないです』(31歳/公務員)

過去にいじめを受けたことがあったりすると、その暗い体験を彼に話したくなることもあると思います。
人間には、「好きな人には自分のことを知ってほしい」と思ってしまう心理があるからです。

ただ、過去の暗い経験を話したところで、あなたに対する彼のイメージがよくなるでしょうか?
辛い過去の話をするとき、人はどうしても表情に暗さや憎しみが出てしまいます。

特に言う必要が無いのなら、無理に言わず隠しておいた方がいいでしょう。


言わぬが花という言葉がありますが、何でも包み隠さず話してしまうというのは必ずしもいいことでは無いのです。
世の中には、隠しておいた方が良いことがたくさんあります。
恋愛においても、それは同じなのかもしれませんね。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)