「何か、近頃ぐっと老けた?」
大好きな彼にそんなこと言われたら、かなりショックですよね。

しかし、声に出すまでに、いろいろと彼も感じていて、我慢ならずに口に出してしまったのかもしれません。
今回ここでは、彼女が最近老けたなと思う瞬間を4つ紹介してきましょう。

(1)服がシンプル過ぎる

『昔は花柄とか、凄いオシャレに着こなして表参道に出向いていたのに、今では巣鴨でジャージで歩き回る始末。何があったんだ、私たちは……』(35歳/広告)

付き合った頃は、デートには女の子らしい服装であったり、柄がオシャレな服を着てきたのに……。
最近、良く着る服と言えば「シンプルな服装」。

例えば、単色のTシャツそしてデニムパンツ、スニーカーなど、ラフだし楽でいいですよね。
でもそんな服装ばかりになってきたら、「もう、ファッションには興味が無くなったんだな」と彼からしてみれば、老けた雰囲気を感じ取ってしまいます。

せめて、女性らしく彼氏に可愛いと思ってもらえる服装を心掛けましょう。

(2)スキンケアが家に多い

『洗面台開けたら、薬局かと思うくらいに保湿するやつが置いてあってビックリしましたよ。とうとう、肌をめちゃくちゃ気にする年になってきたんだなぁと思うと悲しくなりますよね』(35歳/飲食)

今まで適当なスキンケアで済ませていても、若々しく、キレイな肌質であった人は要注意。
年齢と共に肌は若い頃のような回復力を失い、徹底したスキンケアが必要となっていきます。

もちろん、食生活や肌質も関係してきますが、若い頃よりも肌の水分や抵抗力が減少することだけは間違いありません。

そんな中、部屋中にスキンケア商品が置いてあるところを見た彼はビックリすることでしょう。
老けたな……と。
できるだけ、隠しておくことをおすすめします。

(3)基本的に家デート

『家から出ないんです。なんで?って言うと化粧がめんどくさいとか、服がないとか……。あの時のときめきはどこへ行ってしまったのか』(34歳/IT)

昔は、毎週のように外出していたし、旅行などにも頻繁にいっていた。
それなのに、近頃はいろいろと面倒になってきて、基本的に自宅でまったりデートが増えてきたら、要注意です。
部屋の中であれば、服装もさほど気を使いませんし、スッピンでもいいでしょう。

「なんか、もう老夫婦みたいだなあ」と、思わず彼が愚痴りたくなってしまうので、頻繁にするのは注意です。

(4)お酒が渋い

『この間、日本酒をがぶ飲みしていた姿をみて、なんだか萎えちゃいましたよね。昔はカクテル1杯だけで酔っていたのに』(36歳/メディア)

付き合った頃はまだサワーをメインに飲んでいたけれども、近頃は焼酎のお湯割りや冷酒、さらにはワインも重厚感のあるボルドー系になってきている人は注意です。

好きなお酒を飲むことに異論はありませんが、やはり若い女性が好んで飲むお酒である、というイメージとはかけ離れていることからも、老けたと思われる可能性があります。
もしなら、大人だからこそ楽しめる和食店など、そういったところでデートした方が良いでしょう。


老けたと思われることは、確かにショックです。
しかしポイントとしては、老けたのではなく、「大人になった」と理解してもらうこと。
自分が年齢を重ねているのであれば、彼も重ねているはずですよね。

一緒に、大人のカップルを目指して行こうと、その一言をいえるよう、説得力のある人間へと成長してみましょう。

(文/恋愛jp編集部)