お尻をキレイにする…ということを意識した女性が増えていることをご存知ですか?

最近海外を中心にお尻の自撮り写真をSNSに投稿するということが大流行中なのです。

今までは“小尻”思考だった日本人女性ですが、最近はボリュームのあるパンッと張ったお尻に憧れる女性も少なくない模様。
美容整形クリニックでも「お尻にヒアルロン注射してボリュームUP」「お尻にプロテーゼを入れて形を整える」なんて施術も人気になっているようですよ。

今回は、そんな「桃尻」を整形ナシで作る方法を徹底解剖しちゃいます。

美尻になるための3大条件って?

①【バランス】黄金比のバランスが取れていること。
②【形】キュッと上向きでハート型になっていること。
③【触り心地】くすみや黒ずみ、傷跡などがなく、美肌であること。

美尻の条件は大きく分けると3つ。
他の部位とのバランスがとれていて、形がキュッと上向き、そして触り心地もよく肌荒れもしていない…という状態です。

お尻の黄金バランスとは?

いくらお尻にボリュームがあったとしても、全身とのバランスがとれいていないと美しいとは言えません。
あなたのサイズはどうですか?
セルフチェックしてみましょう。

身長で黄金比バランスをチェック!

身長(cm) × 0.53 = 理想のヒップ

身長155センチの女性の理想のヒップサイズは82.15cm
身長160センチの女性の理想のヒップサイズは84.8cm

ウエストとの差で黄金比バランスをチェック!

ウエスト:ヒップ=1:1.4

キレイな形にヒップアップするには?

美尻といえば、キュッと上がった上向きお尻…!
でもあの形ってどうやって作ったらいいのでしょうか?

お尻のタイプ別!解消トレーニングとは?

(1)垂れたお尻
<特徴>

  • 太ももとお尻の境目がアヤフヤになっている
  • ふっくらとした膨らみはないが、全体的なお尻のサイズが大きい
  • 筋肉量が少ない
  • (2)扁平お尻
    <特徴>

  • やせ型でお尻に丸みがなく、ストンとしたお尻
  • 下腹部がポッコリとふくらみやすい
  • 脚を組んだり、内またで歩く癖がある
    • お尻の形を整えるエクササイズ動画

    (3)出っ尻
    <特徴>

  • 横からみるとお尻が突き出している
  • 反り腰のため、腰痛になりやすい
  • 前ももが発達し、太ももがガッチリしている
  • (4)四角いお尻
    <特徴>

  • 別名ピーマン尻ともいい、立体感があまりなく四角いお尻
  • ある程度の筋肉はついているが、張ってるため固い
  • ウエストにクビレができにくく、猫背になりやすい
    • 美しいヒップラインを作るエクササイズ動画

    お尻と太ももの境目にメリハリを…!

    4つのタイプのお尻を紹介しましたが、どのお尻も太ももとお尻の境目にしっかりとメリハリを作ってあげることが重要。
    簡単な筋トレやエクササイズと併用して、しっかりとマッサージしてあげることが美尻をつくる近道なのです。

    エステに通うことがやはり理想的なのですが、お金がかかりますよね。

    そこで自宅で使えるエステ機器がオススメ!


    >>ボニックプロの公式サイトはコチラ

    ボニックプロは実際にエステサロンでも使用されている「ラジオ波」「キャビテーション」「EMS」の3台メニューが搭載された本格マシーンです。

    月額3,980円で使用できる本格マシーンを使えるなんて、なんともいえない贅沢感がありますよね。

    手にフィットしやすい形状で、さらにコードレス設計なので、手が届きにくい“お尻”も“裏もも”も簡単にケアできちゃいます。

    キレイな桃尻を手に入れたい人は、77%OFFで試してみましょう!

    シェイプマシーン『BONIC Pro』