どのカップルにも一度は訪れる、マンネリや倦怠期と呼ばれるもの。
できれば、今の彼とずーっと長続きさせたいですよね。
今回は、マンネリで終わらせない、マンネリ解消LINEを紹介していきます。

(1)ポジティブな会話だけ続ける

『彼女から「このまえ他の女の子とデートしたでしょ」とLINEがきて、そこから口論になりましたね。そんなことは事実はなかったので。後日会った時に聞いたら、「ちょっと情緒不安定だった、ごめん」とのこと。文面からは内容を完全に理解できないので、あまりネガティブな話題はやめてほしいですね』(22歳/学生)

LINEでは、ポジティブな会話だけをするようにし、ネガティブな会話は続けないようにすると良いです。
特にケンカをLINEでしてはいけません。
相手の顔や表情が見えず、文字だけで判断すると、間違った捉え方をされる場合があるかも。

ポジティブな会話は、LINEですると楽しいし、繋がっている気がしますよね。
しかし、ネガティブな会話はできるだけ続けないようにするか、電話や会った時にすることがベスト!
ケンカなどは顔が見えないとヒートアップする場合もあるので、注意して下さいね。

(2)ありがとうを伝える


『彼女はデートの後のLINEで必ず「今日はありがとう!楽しかったよ!」と言ってくれます。LINE上でも「ありがとう」と言われると嬉しいですし、「この娘とずっと一緒にいたいな」と思います』(26歳/商社)

親しき仲にも礼儀ありです。
付き合いが長くなると、「ありがとう」を忘れがちになるもの。
思っていても、なんとなく伝えるのが恥ずかしいなどから、ついつい伝えなくなる言葉。

しかし、長く続けていきたいのなら、お互いを思いやる気持ちは大事!
むしろマンネリカップルは、意識して「ありがとう」を使うようにしましょう。
思いついた時に、LINEで伝えると良いですよ。

「この間は○○してくれてありがとう」でも良いですし、「いつもありがとう」でもOK。
次でいいやと思わず、思った時にはすぐにLINEで伝えるようにしましょう。

(3)既読スルーは気にしない

『仕事で忙しいのは彼女も分かっているはずなのに、「既読スルーしないで返事してよ」とか言われるとイライラします。「好きだから早く返事してほしい」っていうのはわかるのですが、毎回だとLINE返すのも面倒になりますね』(27歳/コンサル)

お付き合いを長くしていると、彼の性格や生活がある程度分かってきますよね。
既読スルーされても、「忙しい時なんだな」と思い、いちいち目くじらを立てないことです。
毎回既読スルーで怒られると、LINEするのも億劫になってくるもの。

ケンカの種にもなりやすいので、既読スルーは気にしないことが一番!
返信がなくても、既読で確認したことが分かれば「それで良し」と思うようにしましょう。
彼が既読スルーするのは、分かってくれていると信頼している証。

(4)連絡事項しか送らない

『今カノと決めているのはLINEではデートの約束とか連絡事項しかやりとりしない、ということです。会った時に「こんなことあったよ」とかで話が盛り上がるんですよ。付かず離れずの関係が長続きの秘訣なのかもしれませんね』

付き合い始めは、離れている時がもどかしく、なんでもないことでも長々とトークすることがあったのではないでしょうか?
しかし、付き合いも長くなると、それも面倒になってきます。
LINEでは、連絡事項のみにするほうが、マンネリ防止になります。

マンネリを引き起こす要因は、慣れが一番の原因。
毎日の生活がLINEで全て分かってしまうと、興味が薄れます。
会った時に話もなくなるので、LINEは連絡事項を主にし、お互いの話は会った時にしっかりするようにしましょう。


長くお付き合いしていれば、マンネリはやってきます。
しかし、それを乗り切ればもっと愛情が深くなるもの。
LINEの使い方によって、マンネリは解消されるので、気になる人は是非参考にして下さい。

(文/恋愛jp編集部)