手コキよりフェラが気持ちいいと感じるのは、手コキは自分の手でするほうが気持ちいいから。
気持ちいいポイントを知っている自分の手に勝るものはないですよね。
でも、彼女の手が自分よりも気持ち良くなれば、フェラよりも手コキが良いとなるはず!

今回は、フェラよりも気持ちいい「手コキのヤり方」を紹介していきます。

(1)カリを責める

『そ、そこをニギニギさせられたら、イ、イっちゃうぉぉぉぉぉぉ』(34歳/法律関係)

カリは竿と亀頭の間にある部分のことで、男性が感じる場所。
ココを責めると悶絶させること間違いなし!

まずは、人差し指と親指で輪を作り、カリに沿って回します。
もちろんカリに引っ掛けるように上下させてもOK。
この時、強く刺激せず、触れるぐらいのイメージですることがコツ。

また、手の平を裏返して人差し指と中指の間にカリを挟み、引っ掛けるように上下に動かしても良いですよ。
指の間で挟みながら、空いた親指で亀頭を刺激してもOK。
この時も、優しくゆっくりと動かすことがコツです。

(2)手首を捻りながら手コキ

『乳首ドリルならぬチ〇ポドリルやなコレは……最高』(33歳/外資)

上下に動かしながら、手首の捻りを入れる手コキ。
通常の上下の動きに加え、横方向の刺激も加わり興奮度はMAX!
視覚的にもエロいので、終盤に持ってくると良い動きです。

普通の上下する動きは、握っている手の場所が変わらないですよね。
手首を捻るやり方は、握っている場所が変わるイメージ。
回すように不規則に手首を捻って上下させて下さい。

竿部分だけではなく、亀頭まで刺激するとなお良し。
この時、ローションかたっぷりの唾液をつけることが大事です。

(3)根元から責める

『根元から精子が絞り出されりゅぅぅぅ♡』(24歳/飲食)

同じところばかりを責めるのではなく、根元から責めることは大事です。
特に竿の裏側に通っている尿道部分を、根元から裏筋まで刺激すると興奮状態に。

握った時に親指が尿道に当たるようにして、根本から裏筋までを上下させます。
この時、両手で握ってもOK。
根元ギリギリまで責めて、大きく上下させることがコツです。

ただし、強く握りすぎないように、彼の反応を見ながら強さを調節して下さいね。

(4)二点責め

『僕のいなりずしをそんなに責めないでおくれよぉぉぉぉ』(35歳/理髪店)

手コキしながら睾丸も愛撫する二点責めがおススメ。
片手で手コキをし、もう片方の手で睾丸を優しくマッサージするようにします。

睾丸はとてもデリケートな部分なので、少しでも強い刺激を与えると痛さを伴います
軽く手の平で転がすか、指で撫でるようにするとOK。

両手の強さのバランスが違うので難しいかもしれませんが、出来るようになれば使えるテク。
彼の反応を見ながらチャレンジしてみて下さい。


手コキに必要なことは、最初は優しく、徐々に強弱をつけていくことが大事!
フェラよりも疲れないので、フェラ合間の休憩として使えるので、手コキはマスターすると良いですよ。
彼の手よりも気持ちいい手コキで、彼を悶絶させちゃいましょう。

(文/恋愛jp編集部)