花見のデートに誘われると、春を感じて嬉しくなりますよね。
でも花見のデートに誘う時、男性が何を考えているのか気になるところ。
今回は、そのホンネについて迫っていきましょう!

(1)一人で花見に行くのがかっこ悪い

『なんか一人でベンチ座って花見していると、なんかダサく見えませんか?ボッチって思われてそうで……』(24歳/大学院生)

周りはグループやカップルばかりなのに、一人で花見に行くのをかっこ悪いと思う男性心理も。
実際に一人で花見に行っても、淋しいだけかも……と思うと「誰か一緒に行ってくれないかな」と考えて、デートに誘うケースもあるのです。

なんとなく誘ってOKをくれそうな女性なら誰でもいいと思う場合もあるかもしれません。
一人で行くよりはマシかな…と考えたから、デートに誘うホンネもあるのです。

(2)ロマンチックだから

『夜桜デートめっちゃ素敵じゃないですか?綺麗だし隣にも綺麗な女性がいるし……!!』(26歳/都市開発)

花見のデートは、とても綺麗でロマンチックなもの。
特に夜桜は幻想的で素敵ですよね。

こういう雰囲気を一緒に過ごしたいと思うので、花見のデートに誘う男もいます。
ロマンチックなものが好きな女心を理解して、デートに誘う場合もあるでしょう。

事前に有名な夜桜スポットをリサーチしておいて誘うような、慎重なタイプの男性もいるのです。

(3)告白したい

『桜の下で告白ってなんか青春っぽくないですか?やってみたいです』(28歳/交通)

告白をするのなら、場所やタイミングが重要!と考える男性は、花見のデートで綺麗な桜を見ながら告白したいと考えていることも。
告白は思い出に残るような場所がいいと考えるため「告白するのなら桜の綺麗なあの場所がいいかも」と考えて、花見に誘うような思いもあるのです。

好きな女性と満開の桜の下で過ごせて、その時に目を見つめて告白……と想像をするだけでドキドキしてしまう男性もいるでしょう。

(4)皆が行っているから

『このビックウェーブに乗らなきゃですわ』(33歳/IT)

知人や友達が花見のデートに行くという話を聞いて、自分も行っておこうと思う男性もいます。

桜の季節が終わってしまった時に「花見に行っておけばよかった」と思いたくないので、この時期に桜を見ておきたい気持ちも。

「でも桜を見るのなら、やはり自分が気に入っている女性と行きたい!」と男性は考えるもの。
どうでもいい相手と見る桜よりも、好きな女性と見る桜の方が綺麗なように思えますよね。

女性としても、桜を見るのなら好きな男性と見たい……と考えるはず。
この思いを持っている男性は、好きな女性を花見のデートに誘うのです。
そして、今年の桜を見られて良かった!と満足感を得るでしょう。


いかがでしたか?
花見のデートに誘う時、男は色々なことを考えています。
春は高揚しやすい季節でもあるため、花見のデートに行って勢いでハグやキスをしてしまう男性もいるかもしれません。

女性としては、多少の覚悟を持ったうえで花見のデートの誘いをOKするかどうか決めるようにしたいですね。

(文/恋愛jp編集部)