女たるもの、毎晩のように男に求められるような、魅力的な女性になってみたいと思ったことがあるはずです。
事実、男性に求められなくなってしまうことで、その男性が浮気をしてしまったり、非モテになってしまったりと、デメリットは多くあります。

今回、よりいい女になっていくために、男が毎晩ヤりたくなる「淫乱彼女」の特徴を4つ紹介していきます。
ぜひ、参考にしてみてください!

(1)よく喘ぐ

『最中に耳元でいい感じの声を漏らすのは、また聞きたくなる』(31歳/自営業)
男性はセックス中、やはり喘ぎ声を出さない女性に寂しさを感じる様です。
本人は気持ちいいのかもしれませんが、男性はその時に起こっている状態でしか判断できないので、喘がないということは、気持ちよくないと判断されてしまい飽きられてしまいます。

一方、しっかりと喘ぎ声を出す女性に関しては、男性もその声に興奮してしまい、どんどんプレイが激しくなっていきます。
この女であれば、毎日でもしたい、と思わせる基本テクニックなので覚えておきましょう。

(2)お掃除フェラをする

『普通はティッシュで拭くところを、舐めて拭き取るのは淫乱でしかない』(28歳/教師)
セックスが終了後、男性は自分のアソコが射精後にぬるぬるになっているので、ティッシュで拭き取ります。
ただし、この作業が案外間抜けで情けないものであり、できれば見られたくないし、したくもないところ。

そんな時、わざわざ拭かなくてもいいように、お掃除フェラをしてくれる女性がいたら、感動すること請け合いです。
男性も、セックスに愛を感じたいですし、特に発射後にそういった抜かりないテクを披露してくれると、毎晩でも絡みたい、と思ってくれるのです。

(3)アナル舐めをする

『なかなかやる人いないですが、アナルを責めるのは本当のセックス好きな感じがする』(33歳/企画)
喘ぐとか、フェラが上手いとか、プレイが激しいなど、男性がセックスしたくなるポイントはたくさんあるのですが、特に痴女感がでるのが、アナル舐めです。
男性が支配されている感、よっぽどのセックス好きという印象を与えられるため、アナル舐めは大変効力がある、と考えることができるでしょう。

(4)おかわりセックスが好き

『お互い疲れているのに、性欲がおさまらなくてもう一回してくる人』(29歳/美容師)
セックスをした後、甘い声、上目遣いで、もっとしたいと誘ってくる女性に男性は惹かれます。
すぐには勃たないにせよ、セックスを相手から求められるのは、男性にとっては嬉しいことです。
「仕方ねえな」と言いながらも股間を硬くしている、そんなエロいシチュエーションを自分から作れる女性は求められるのです。


今回、男が毎晩ヤりたくなる「淫乱彼女」の特徴について4つ紹介しました。
男性は、エロく、痴女っぽい女性がなんだかんだで大好きです。
彼を困らせてしまうほどエッチになってしまえば、相手も浮気する体力が無くなるはずです。

ぜひ、チャンレジしてみましょう!

(文/恋愛jp編集部)