デートの時、メイクはいつもより気合いが入りますよね。
その気合いの入ったメイク、実は男性からは心の奥では笑われているかもしれません。
自分のメイクを見直すチャンスです!

今回は、男ウケが悪い「非モテメイク」を紹介していきます。

(1)囲み目メイク

『なに?パンダ?一瞬、動物園から逃げ出してきたパンダかと思ったよ』(28歳/飼育員)

アイラインで目を囲むように描く囲み目メイク。
目が大きく見えるので、なかなか止められない人も多いのではないでしょうか。
しかし、男性はいかにも描いてますというメイクが苦手

黒のアイラインは主張が強く、描いているところがバレバレ。
少しでもずれてしまっていると、汚く見えてしまい化粧下手と思われます。

アイラインは目の上だけに引くようにしましょう。
また、黒アイラインは顔立ちがキツくなる場合があるので、濃い目のブラウンにすると肌との馴染みが良くなりますよ。

(2)赤リップ

『唇に博多の明太子つけてるのかと思ったら、なんだ口紅か……ビックリさせないでよぉ』(27歳/アパレル)

セクシーで官能的な赤リップは、男ウケしそうですが、意外にもそうではありません。
唇だけが浮き上がったように赤く、不自然に感じるよう。
確かに、赤リップは顔立ちや化粧を選ぶので、似合わないと少し不自然に見えるかもしれませんね。

また、派手で攻撃的な印象にもなり、苦手に思う人も多いです。
男性は、個性派メイクよりもナチュラルメイクを好む人が多いので、男ウケを狙うならピンクを選んだほうが無難。
赤リップは、女子会やイベントなどで使うことがベストですよ。

(3)ぽってりチーク

『ほっぺたピンクすぎるだろ。熱でも出してんのか』(30歳/医療従事者)

血色良く健康的に見せるために欠かせないのがチーク。
しかし、チークが目立つようにまん丸に塗るぽってりチークは、男性には不評です。
子供っぽく見えることもあり、大人の女性としては品がなく思われます。

チークはほんのり色づくくらいがベスト
色も、リップと同じ系統にすると違和感なく、自然な仕上がりとなります。
ブラシでぼかすなど、色っぽいチークを目指すと良いですよ。

(4)バサバサまつげ

『目の周りがうるさすぎる。バサバサさせ過ぎて顔面が事故ってる。目が大きすぎてエイリアンです』(24歳/大学院生)

つけまつげやエクステ、マスカラのつけ過ぎによって、まつげをバサバサにするのは男ウケが良くありません。
目が大きく見えるし、強調されるので付けたい気持ちは分かります。
しかし、ナチュラルメイクを好む男性には不評のよう。

目指すのは、ナチュラルで盛ったまつげ。
つけまつげもエクステもマスカラも付けてOKですが、引き算が必要です。

つけまつげやエクステをした場合は、地まつげと馴染ませる程度のマスカラに留めておくこと。
地まつげだけの場合は、ビューラーで上げすぎず、マスカラはだまにならないようコームで梳かしながら塗るようにしましょう。


女性目線では可愛いメイクも男性には不評のものがあります。
女子会とデートでは、メイクを使い分けたほうが良いですね。
男ウケするのは、ナチュラルメイクですよ。

(文/恋愛jp編集部)