男性が女性にお願いしたなぁと思っていることの一つに「膝枕」があります。
ちょっと疲れた時や、甘えたいときに彼女の柔らかい膝を借りたくなる男は結構多いんです。

そんな時、男性をドキドキさせる「膝枕」をするにはどうやったらよいのでしょうか。

(1)服装はスカートで

『パンツとかだと寝心地が悪いんだよなぁ……やっぱりスカートだと気持ちが良いし、ちょっと妄想シちゃう』(32歳/企画運営)

「膝枕」をする時に男性が萌えるポイントとしてスカートを履くのがおすすめです。
揃ったひざの間にある隙間は、男のロマン。

そこから手を入れることも可能という、その可能性に男性はドキドキしてしまいます。
部屋でも、彼氏がくつろぐときは「膝枕」に備えてスカートを履くようにしましょう。

(2)頭を撫でてあげる

『頭ポンポンされたいのぉぉぉぉ♡男だって甘えたいときあるんですよ!』(25歳/商社)

「膝枕」をお願いするのは、男性が甘えたい時です。
できるだけ対応してあげて、そして頭をなでてあげるのが良いでしょう。

「膝枕」で男性は膝の丁度の高さと、柔らかさに安心して、リラックスしています。
頭をなでてあげることで、手のぬくもりを感じ、肯定感が増して男はドキドキしながら喜ぶでしょう。

(3)耳掃除をしてあげる

『耳掃除って本当に他人にやられると気持ちいいですよね。もう耳かき上手い女性って好きになってしまいます』(32歳/交通)

リラックスついでに「膝枕」中に耳かきをしてほしいと思う男性もいるようです。
彼女の耳かきが上手な場合はおねだりもしやすいし、リラックス&気持ち良い効果も増しますよね。
でも人に耳掃除をされるのが苦手な人もいたり、彼女の耳掃除が下手だったりする場合もあるので、無理やりするのはやめましょう。

(4)彼の話を聞く

『夜ソファで膝まくらしてもらいながら、会社の愚痴を聞いてもらって本当に助かっています』(28歳/商社)

「膝枕」をお願いするのは、甘えたいからや疲れているからかもしれません。
せっかく頼ってくれているので、そういう時くらいは彼女が聞き役に徹して、彼のことを聞いてあげるのが良いでしょう。
体をまかせつつ、肯定されるのは男もきっと気持ちいいし、あなたのことをもっと好きになってドキドキしてしまうはず。

(5)「今度は私もしてね」とお願いしてみる

『こっちもしてもらってるんだから、今度はこっちが助けてあげる番ですね……!!』(25歳/自営業)

男は頼られるのが大好きなので、「膝枕」を今度して欲しいとお願いすると事で「頼られている」と感じます。
お互い疲れているときのスキンシップをとるのにも有効なので、寝る前に少しだけ甘えたい時などお互い膝枕しあうのもおすすめですよ。


「膝枕」は男性にとって癒しです。
それを求めてくるのは彼女を頼りにしている証拠。
彼氏が甘えやすいように、お願いされたらすぐにしてあげる、長くできるように足を崩しておくなど思いやりのある対応をしてあげてください。

男性だって、たまには甘えたり、癒されたいと思っていたりするはずです。
心よく受け入れてあげるようにしましょう。

(文/恋愛jp編集部)