頼りたい…と彼女に対して思う時が、彼氏にもあります。
どのような時に彼女に「甘えさせて」と彼氏が思うのかについて、知っておけばいざという時にギュっと抱きしめてあげられるはず。

では普段強そうに見える彼氏でも、彼女に甘えたくなるのはどんな時?

(1)仕事でメンタルやられた時

『上司に詰められてメンタルズタボロな時は優しく慰めてほしいにゃん』(26歳/企画)

メンタルが強い彼氏でも、仕事でメンタルがやられてしまう場面も。
こういう時には、お酒を飲んで忘れたいと思うタイプもいれば、彼女に甘えたいと思う男性もいます。

メンタルをやられた…と感じた時に、すぐに彼女の優しい表情が浮かぶ場合も。
こういう時には彼氏はすぐに彼女に連絡をして、自分を癒してほしい思いを伝えるのです。
これが出来るカップルは、とても素敵ですよね。

(2)寂しい時

『寂しい時にそばにいてくれると嬉しい』(31歳/IT)

なんとなく寂しいと思う時に、思い出すのは好きな女性。
でも好きな女性に「寂しい」と言うのは恥ずかしく言えないかもしれません。
「今、何しているの?」「元気?」などのメッセージで彼女の様子を探るでしょう。

こういう時に彼氏は彼女に甘えたい思いがあるのです。
「ちょっと話さない?」と彼女から言ってあげると、彼氏は「うんいいよ!」と待ってましたとばかりに嬉しい気持ちになるでしょう。

(3)彼女が可愛くて仕方ない時

『あまりに可愛すぎて甘えたい以外、感情が沸いてこないです』(26歳/企画)

彼女のことを可愛いなぁと思うと、もっと仲良くなりたくなるもの。
でもいつでも男として強い自分ではいられないのです。
時には、自分の弱さを見せたいと思う男性心理も。

可愛くて素敵な女性だと思うからこそ、色々な自分を見てほしいのです。
それに対して、女性がどんな対応をしてくれるのか…不安に感じながら見せる男性もいるでしょう。

でも心の中で彼女ならきっと大丈夫!と信じているので、弱さを見せる彼氏もいるのです。

(4)彼女の笑顔を見た時

『もっと君の笑顔を見たい』(32歳/営業)

普段は頑張り屋で自分の本音を見せない彼氏でも、彼女の笑顔を見ると心が癒される時もありますよね。
彼女の笑顔を見た時に「甘えたいなぁ」と思うのは、母性を感じるからかもしれません。

彼女の存在に包まれたい…と思うような時が、男性にもあると理解をすれば必要性に応じて彼氏を抱きしめてあげることができるはず。
いつでも強い男性でいてほしいと願うと、彼氏にとって負担になるかもしれません。


「甘えさせて」と思われていると察知出来れば、彼氏との関係はこれからも良好でしょう。
彼氏の気持ちを敏感に分かるように、普段から彼氏とよく話して色々な面を見ておくようにするといいですね。

(文/恋愛jp編集部)