LINEを交換した後、なかなか連絡がないと不安になりますよね。
ついつい待ってしまって、一日中気になるなんてことも……。
では、LINE交換したのに、連絡しない男の心理状態はどんなものなんでしょうか。

(1)1通目を送る勇気が出ずビビっている

『初めてのメッセージって緊張するんですよね。マイナスに思われたくはないし……』(24歳/大学院)
まず、いいムードでLINE交換したのになかなか連絡がこない場合、男が何を送るか考えすぎて送れていない可能性があります。
交換したあとの1通目は、どんなテンションでいっていいのか?短すぎるとよくないのか、長すぎても困るよな……など考えていて、ビビって送れないのかも!

もし連絡先を知っているのであれば、気になって待つより、先手を打って送ってしまってもいいでしょう。

(2)忙しくてつい後回しにしてタイミングを失った

『悪気はないのですが、仕事が忙しいと後回しになってしまいますね』(31歳/金融)
仕事などが忙しい男の場合、LINEすると言ったのを忘れてしまっているのかもしれません。
LINEを待っても来ないと落ちこむ必要はありません。
ほとんどの場合、相手に悪気はなく、忘れている場合が多いのです。

男は女子にとっての連絡よりも優先してしまいがちなことがたくさんあります。
待つのが嫌で、もし用事がある場合は「忙しい?」と自分から連絡してみましょう。

(3)押しすぎて引かれたくないから様子を見ていた

『ガッツいているように思われたくない!』(28歳/不動産)
LINEを交換したくらいでたくさん送ったら引かれるんじゃないかと思って送れない男もいます。
男は女性と違ってコミュニケーションをとるのが苦手な人が多く、特に嫌われるくらいならやめておこうと思ってしまうのです。

迷っている男子は確信を持てず、LINEをなかなか送ることができません。
こちらから一通目を送ってみて、円滑に会話がすすむのであれば、嫌われているわけではないので気にしないようにしましょう。

(4)忘れた

『いろいろ考えることがあると、LINEを送るのを忘れてしまいます。よくないんですけどね……』(28歳/営業)
男はその場では愛想よくしていても、いざ一人になった時に「連絡をする」という行為が後回しになりがちなんです。
それは、女子と違って、恋の優先順位や、連絡を取る優先順位が低いから。
嫌いだから送らないわけではなく、忘れている男子も結構います。

そしてそのまま、思い出してもタイミングを外して更に送れないなと思ってしまうんです。
悪意がないのが、憎いですよね。


男は用がないのに連絡をするのが基本的に苦手です。
LINEを交換して、その時は送るぞと思っていても、つい後でと思ってそのまま忘れてしまったり、タイミングがわからなくて送れなかったりというパターンが多くあります。

基本的には悪気がなく、嫌いなわけでもない
きっかけさえつかめれば、普通にLINEできるはずなので、もやもやする、気になる場合は女子から送ってあげてみてください。

(文/恋愛jp編集部)