いつの間にかメールから日常の連絡ツールに代わっていたLINE。
連絡先を交換するのも簡単になりましたよね!

ですが、気軽で簡単なツールだからこそミスもしがち……。
今回は、ついついやってしまいがちな男ウケの悪い1通目のLINEを紹介します。

(1)挨拶がスタンプのみ

『仲良ければいいんですよ?はじめましてでしょうよ!』(31歳/デザイナー)

気軽に送れるスタンプですが、使いやすいからこそ使いどころをみきわめるのも大切です。
1通目にスタンプを使う場合は、気心の知れた相手ならいいかもしれませんが、そんなに仲良くない女子からくると、男子は困惑します。

気軽に送ったつもりかもしれませんが、男からすると相手が「このスタンプに何を送ったら正解だろうか」と考えることを想定していない一通目です。
簡単に送れて便利ですが、スタンプだけをポンと送るのは、男を困らせると思っておいた方が良いでしょう。

(2)LINE交換してそのまま

『あの交換した時間はなに?友達の数ふやしたいだけ?』(27歳/人事)

友達付き合いの関係や、合コンなど勢いでLINEを交換することもありますよね。
なんて送っていいかわからないまま放置してしまったり、相手からくるのを待っていたり、送るのを忘れてしまったり。
一度つながった相手とは、どこでまた連絡を取るかわかりません。

連絡を交換したあとは、自分から送って少し会話して、そして話すことがなければきれいに「おやすみまたね」などで、終わっておくのがいいでしょう。
自分の都合だけでいきなり連絡することになったときの相手の対応が違ってきます。

(3)いきなり長文

『いきなり長文だと、毎回返ってくる返信も長いのかなと思う』(23歳/フリーター)

女子同士のLINEだと、長文も多くあるかもしれませんが、男は長文のLINEが来ると「長い」とまず思ってしまいます。
読むのもめんどくさいし、返すのも同じくらいの多さで返さなければいけないかなと思ってLINEするのが面倒に。
早く返信が欲しいなら、一通目は相手の返しやすいLINEを送るのが良いでしょう。

(4)自分の今を報告してくるだけのLINE

『僕はTwitterではありませえええええええん!』(26歳/医療系)

テンションがあがったり、いきなりLINEしたいと思ったりして何も考えずに送ってしまいがちな「私ナウ」なLINE。
男は、「で?」と思うだけです。

返信に困って返さない男子もいるでしょう。
自分の今を報告されても返信に困る人が多いので、相手に関係のない「私ナウ」はSNSに投稿するだけにしてください。


ついついやってしまいがちな男ウケの悪いLINE。
当たり前に使っているから何も考えず送ってしまいがちですが、そのせいで相手からめんどくさいと思われたらショックですよね。
1通目は特に、本来ならレスポンスしやすいはずなので、困らせないLINEを送りましょう。

(文/恋愛jp編集部)