合コンや飲み会でせっかく出会いがあっても、なかなか次につながることがない女子っていますよね。
もしかしたら、当たり前にしている行動が「彼氏持ち」っぽい感じをにおわせてるせいかも!

今回は、初対面の男性に「彼氏持ち」だと思われる行動を上げますので、無意識にしていないかチェックしてみてください。

(1)男慣れしている

『返答とかノリの良さを見ると「いるのか?」と疑う』(27歳/飲食)

男友達が多い、男兄弟がいるなど、彼氏がいなくても男慣れする環境がありますが、初対面の相手から見て男慣れしていると「彼氏がいるのかな」と思われがち。
例えば、緊張してない、褒められても動じない、逆に褒め上手、ボディタッチが自然、下ネタもイケる……など普通にすればするほど男慣れしていると思われます。

慣れているのを変えようとしても不自然なので、変に変えなくてもいいですが、同時に「彼氏いない」アピールも織り交ぜるようにすると勘違いさせずにすみますよ。

(2)帰宅時間を気にしている

『飲みに行っても時間を気にしているのは、早く帰りたい理由があるから』(31歳/コンサルタン)

みんなと一緒にいても、スマホや時計を見て帰宅時間を気にしている女子は「男がいるのかな」と思われがち。
一緒に遊ぶまではいいけど、終電に乗り遅れたり、泊りになったりすると怒る人がいるアピールになりかねないからです。

時間を気にするにしても「実家の門限が厳しくて」「明日仕事が早くて」など男性には嘘と思われていますよ。

(3)LINEばかりしている

『帰さないと怒られるからでしょ?それがいに何があるの』(28歳/販売)

例え、女友達や家族とのLINEでも、一緒にいる最中にLINEをしてる彼女を見ると「すぐレスしないと怒る彼氏がいるのかな」と思われかねません。
みんなでいる時にスマホばかりしているのは感じ悪いのに、それでも返さなければいけない理由があるんだ、と勘繰られます。

言い訳をするのではなく、スマホをつつくのをやめて会話に集中しましょう。

(4)SNSに集合写真をアップされるのを嫌がる

『誰かに見れるとまずいんですか?「ブサイクだから!」という謎のウソもどうかと思う』(31歳/不動産)

恥ずかしいから、会社の人に見られたくないからなど色々な理由があっても、SNSにみんなとの写真をアップされるのを嫌がる女子は「彼氏がいるのかな」と思われてしまいます。
みんなで会っていると怒られる、バレたくないから拒否しているのかなと思われるんです。

集合写真が嫌ならカメラや国徹するなど、自然にフェイドアウトして、強調して拒否するのは辞めたほうが勘違いされにくいでしょう。


男のにおいがする、彼氏がいそうと思われる人には、無意識の自分ルールがある人が多くいます。
男はその自分ルールを、彼氏との約束、男の影と勘違いしてしまうよう。

逆に言えば、「彼氏がいないなら、もう少し大丈夫だよね?」と思われない行動をしているということです。
頻繁にLINEをしているのも、帰宅時間が早いのも、SNSへのアップを嫌がるのも、男に強制されてると周りは勘違いしてしまいます。
もっと周りを見ながら出会いを大切に育てていけるようになると、いい恋が始まるかもしれませんよ!

(文/恋愛jp編集部)