服やヘアスタイルなどイメチェン方法は色々とありますが、すぐに変化をつけることができるのはメイク。
新しい出会いに向けて、春のメイクをしてお出かけしましょう。

今回は春のメイクの中でも、男性から好感のある一工夫で春感がでるモテメイクの特徴をご紹介します。

(1)シャドウにピンクを入れる

『やっぱり女の子の色っていったらピンクでしょ!』(25歳/医療事務)

春のカラーといえばやっぱりピンク!
アイシャドウにピンクを使うと一気に春らしくなります。
ただ、アイホール全体にピンクを入れると腫れぼったく見えてしまったり、子供っぽい印象に。

大人っぽく春を演出したい場合は、目尻の3分の1に少しポイントでピンクシャドウを入れましょう!
その時、目の下にもピンクシャドウを入れると華やかな印象になりこれからの時期のフェスやお花見などにもおすすめ♡

(2)下地をパール入りにする

『肌がプルンってしてると触りたくなっちゃいますよね』(32歳/エンジニア)

暖かくなってくると、肌も明るく見せたくなりますよね。
冬ほどの艶肌ではないけど、潤った肌っぽく見せたいときにはパール入りの下地がおすすめです。

パールの粒子が太陽の光を反射し、肌のシミやそばかす、くすみなどをカバーしてくれます。
そのため肌をワントーン明るく見せてくれる効果も。
さらに、肌をみずみずしく演出してくれ夏のべたべたした感じではない、大人のほどいい艶肌にすることが出来ます。

(3)アイラインは控えめ

『春なんで、女性らしいホワンとした顔の子にトキメキがちです』(28歳/イベント)

冬はクリスマスやバレンタインなどのときめくイベントがいっぱい。
そういう時期はどうしてもアイラインをしっかりめに引いた色っぽいメイクになりがち。

この春は、冬とのギャップを狙って健康的な可愛らしい印象にするためにアイラインを控えめにしましょう。
春はアイシャドウのカラーも明るく華やかなカラーが多いですよね。
アイラインを控えめにすることで、春のアイシャドウのカラーが映えるので目元の印象がをグンと明るくすることができます。

(4)グレイッシュなピンクリップ

『ちょっと落ち着いた色の唇にぐっと来ますね。大人な女性感があります』(32歳/弁護士)

口紅も春はピンクのリップがおすすめです。
ですが、大人の女性がピンクを使うと唇だけ浮いて子供っぽくなってしまったり、甘すぎたりしてしまいます。
ピンクの中でもグレイッシュなピンクリップがおすすめ。

グレイッシュにすることにより、落ち着きのある雰囲気に仕上げることができます。
さらに、ピンクなので女らしさはもちろんあたたかみのあるカラーで上品さも演出!
ポイントは一度塗りで仕上げ、こってりした唇にならないようにしましょう。


春は別れ季節ですが、出会いの季節。
少しの工夫で春のモテメイクをすることが出来ます。
冬のメイクとは違った春メイクをして春を迎えてみませんか?

(文/恋愛jp編集部)