若い頃は先輩男子に憧れたな~、という女子の皆さん。
昔のあなた方のように、「年上女子がイイ!」「先輩女子に憧れている!」という男子も、決して少なくありません。

そこで今回は、後輩男子たちが「先輩女子」に接していてどういったシチュエーションの時にときめいているのか調べてみました!

(1)自分との距離が近い時

『教えてもらうときに顔が近いんですよね。その度にドキドキしちゃいます』(22歳/新卒)

普段は先輩後輩としてさらっと接していて、それほど性別も意識してなかったはずなのに……距離が近いと、やっぱりドキッ!とするようです。
仕事を教える時や、飲み会の席でなど、意図せず距離が近くなってしまうことはありますよね。
そんな時、後輩男子は表情には出しませんが、内心ドキドキなんだとか!

距離が近くなるといろいろバレるので、普段から清潔感には気を遣いましょう。
常にいい香りをまとっておくこともマストです。

(2)仕事ができるのを目の当たりにした時

『いつもはお茶らけている様な先輩ですが、営業の同行に行った時の切り替えが、僕の心つかまれましたね』(24歳/営業)

テキパキとした先輩女子の頼もしい姿を見て、そのかっこよさにドキッとしてしまうみたいですね。
できる!すごい!という尊敬が、恋愛感情に変わっていくことは十分にあります

年下男子は男としてのプライドを刺激され、「仕事も恋愛も頑張ろう!」と燃えるので、そこを上手に操ってあげるのが先輩女子の役目かもしれません。

(3)困ったら頼りにしてくれた時

『ギャップって本当にキュンキュンしますわ』(28歳/建築)

普段年上としてキリッとしている先輩女子が困った時の、ギャップにやられた!という声も多いです。
自分だけに甘える姿を見せてくれているのかも……など、妄想が止まらなくなるのだとか!

女子ならではのか弱さなどを感じたときめきと、自分は特別に頼られている!という特別感の合わせ技が効くようです。
夜道が怖いから送ってほしいとか、重い物を代わりに持ってほしいとか、そういった簡単なことで頼ってみましょう!

(4)品のある行動を見た時

『社会人としてのマナーがしっかりしていると、さすがだな……と惚れますね』(25歳/AD)

お辞儀の姿勢が完璧だった、お茶の淹れ方の所作が美しかった、きれいにアイロンされたハンカチを持っていた……。
などといった大人の女性らしい振る舞いに、後輩男子はドキドキ、メロメロです!

若い男子は、大人の女性はこうあるべき、といった期待を持っているものなので、それに見事に応えてあげましょう。
くれぐれも、しわだらけのハンカチや適当なお辞儀などを見られることがないよう注意してくださいね!


いかがだったでしょうか?
あなたの普段の振る舞い、仕事ぶりを後輩男子たちは見ています!
きちんと自立し、清潔感を保ち……けれど困った時はちゃんと人に頼ることも身に着け、大人の女性として振る舞っていれば、後輩男子はあなたにドキドキですよ。

(文/恋愛jp編集部)