かわいい触れるだけのキスもいいですが、仲が深まってくるともっと熱いキスをしたくなりますよね。
でも、キス男性からして欲しいから女性は受け身なものと思っている人が多いように思います。
それでは、キスの時どうすれば女は、男性の気分を盛り上げられるでしょうか。

今回は、キスを盛り上げるためのテクニックをまとめました。

(1)目をじっと見つめる

『そんなに見つめちゃ……いや……。あ!つい乙女になってしもうた』(30歳/IT)

キスは、キスする前の助走段階から盛り上げることを意識するのが大事です。
相手がキスしたくなるような、自分がキスしたいと思っているような「間」を作ってお互いの気持ちを高めます。

言葉に発していなくても、「キスしたい」という気持ちがあなたの目から伝わると、男性の気持ちもぐっと盛り上がるでしょう。
視線は、時に言葉よりも雄弁に気持ちを伝えることができます。
キスしたくなったら、じっと目を見つめてお互いの気持ちを高めてください。

(2)艶のあるリップを使う

『つやつやリップにもうメロメロキュン♡』(31歳/商社)

男は女の唇につい目がいってしまいます。
唇は女性のセクシーシンボルのひとつでもあるからです。

そこに視線を持ってくるためには、唇に注目するようにわざと視線を集める必要があります。
例えば、艶のあるリップやグロスを使って唇を魅力的に見せるのが効果的です。
触れたくなるみずみずしい唇から男は目が離せなくなり、キスしたい気持ちが高まってしまうでしょう。

(3)吐息を漏らす

『はぁ……はぁ……もう吐息だけで心地よくなれそうだわ』(33歳/変態紳士)

唇に注目させる手段の一つとして、吐息をもらすことも男性をドキドキさせるときの常とう手段。
女性の吐息をセクシーだなと感じる男は多いんです。

唇の間からこぼれる息づかいと、小さな声に男性はたまらない気持ちになるでしょう。
ため息にならないように、セクシーに吐息を漏らして、つい唇に目がいってしまうように誘いましょう。

(4)希望のキスをリクエストする

『めちゃくちゃにって言われたときはもう……何が何だかわからなくなるほど、あちゅぅぅぅいキスしました』(26歳/広告)

キスを盛り上げるために有効なのが、彼へのリクエストです。
「優しくして」「激しくして」など、簡単なリクエストをすることで、お互いが新鮮に、真剣にキスに向き合うことができます。

この方法は、言葉で伝える以外は受け身でいいので、技術的なテクニックも必要ありません。
キスを盛り上げるために、いつもと違うリクエストをして、熱いキスを楽しんでみてください。


キスが上手い人もたまにいますが、それは相性と、あとは相手の様子を見ながら責められるか、気持ちを高める状況を作れるかなどのいくつかの要素が重なって感じるものです。

無理にテクニックを使おうとするのではなく、相手の気持ちを高め、様子を見ながらキスすることで、更に気持ちのよい盛り上がったキスができます。
言葉や視線で、男の気持ちを盛り上げて濃いキスをしましょう。

(文/恋愛jp編集部)