親しみやすく優しい雰囲気の女性って憧れますよね。
実はこれ、メイクによって作ることが可能です。
外見によって印象は変わってくるので、キツい印象を持たれやすいのであればメイクが原因かも……。

今回は、そんな「愛されフェイス」の作り方を紹介していきます。

(1)透明感のある肌作り

『肌が綺麗だと触りたくなりますよねー!』(27歳/飲食)

ナチュラルな透明感のある肌作りは必須!
メイクだと思わせない、素肌のような透明感を出すことが「愛されフェイス」の特徴です。

透明感を出すには、化粧下地とコントロールカラーの要素を含んでいるCCクリーム使用すると良いです。
カバー力は低いですが、素肌感のある明るい肌を作ってくれます。

その上にフェイスパウダーで仕上げても良いし、カバー力が気になるのであればパウダーファンデーションで仕上げてもOK。
パフやスポンジよりも、ブラシで仕上げるときめ細かい仕上がりになります。

(2)ナチュラルな目元

『すっぴんに近い方が支持率高いんですよ。余計なことしないでぇぇぇ』(28歳/美容師)

しっかりとした目元を作るとクールな印象になるので、目元はナチュラルに仕上げることが大事!
アイラインを目尻のラインで少し下げるように引くと、たれ目気味の優しい目元になります。
この時、黒のリキッドタイプではなく、ブラウンのペンシルタイプを使うとより優しい目元に

アイシャドウは暖色系のピンクやベージュで柔らかいメイクにしましょう。
あまりしっかりとした目元にしないために単色使いでもOK。

眉も眉山に角度を付けずに、ナチュラルな太眉にし、髪の色よりもワントーン明るい色を選ぶことがコツ
アイブロウパウダーと眉マスカラで描きすぎていない自然な眉を作って下さいね。

(3)チークで愛らしさアップ

『てててて照れてるのかな……?頬が赤いよ♡』(25歳/医大生)

「愛されフェイス」にはチークは不可欠。
ピンク系チークで血色良く甘めの雰囲気にしましょう。

肌なじみの良いクリームチークでツヤっぽさもプラス。
頬骨に沿って斜めに入れるのではなく、横に入れるとキツい印象はなくなります。
濃いチークは不自然になるので、ふんわりと優しい印象になるように仕上げてみて下さい。

(4)抜け感のあるリップ

『真っ赤とかより、薄めのピンクって女の子らしい』(26歳/販売)

リップは、透明感のあるナチュラルな色と質感が大事!
マットタイプのしっかりしたものではなく、プルプルとした印象になるよう抜け感のあるリップでツヤっぽく仕上げましょう。

色はピンク系やコーラル系の優しいカラーを選んでみて下さい。
その上から透明のリップグロスで仕上げればOK。
ただし、グロスは塗り過ぎないように、あくまでもツヤ感を出す程度に抑えることが大事です。

チークとリップは同じ色合いにするとキレイにまとめることができますよ。


「愛されフェイス」はナチュラルで優しい雰囲気に仕上げることがコツ!
足し算メイクをしていた人は、引き算メイクを意識すると良いですよ。
キレイなのにナチュラルに見える「愛されフェイス」、是非試してみて下さいね。

(文/恋愛jp編集部)