メイクをする理由は人ぞれぞれだと思いますが、根本にあるのは「スッピンの自分より良く見せたいから」というのは誰でも同じだと思います。
では、男性がどんな時にメイクしないほうがいいと思っているかご存知ですか?
今回はそれがどんな瞬間を見てしまったときかご紹介します。

(1)ファンデーションが浮いている

『デートの終わりに向けてどんどん顔がケバ立っていく人っていますよね……。直視できなくなるので、できれば塗りたくたないでほしい』(26歳/営業)

男性の多くがメイクしないほうがいいと思った瞬間は、メイクが崩れている時です。
その中でも、ファンデーションが浮いてよれていると、顔を近づけるとギトギトして見えてしまうとげんなり。

ファンデーションが浮くのは皮脂が多いことが原因なことが多いです。
これから夏になると、脂性肌の方でなくてもファンデーションが浮くことが多くなるのでこまめなメイク直しときちんとしたスキンケアで気を付けましょう!

(2)つけまがバサバサ

『バッサバサのつけまつげを見ると、若作り頑張ってます。絶滅し遅れたギャルって感じがしてイタイ感じがしちゃいます』(29歳/アパレル)

目元が大きく見えるようにとつけまつげをバサバサにつけていませんか?
ですが、男性からはあまり人気がありません。
目よりも、つけまつげに目がいってしまったり、目元がより小さく見えてしまい逆効果。

さらに、女性としての品格や落ち着きもないように見えてしまいがち。
ナチュラルメイクが好きな男性が多いので、つけまつげをするなら自然にみえるほうがおすすめです!

(3)カラコンの主張が激しい

『たまに、目が怖く見えるくらいのカラコンつけてる子っていますよね。表情が分からなくなるから僕は嫌いですね』(31歳/人事)

瞳が大きく見えるように、ハーフ顔になれるようにカラーコンタクトをしますが、不自然なカラーコンタクトになっていませんか?
顔や目の大きさによって自分に合うコンタクトをつけないと、カラコンの主張が激しくなってしまいます。

男性からは目が不自然すぎて虫っぽくなってしまったり、表情が分からないと思われてしまいがち。
カラコンの色や大きさは、自分の肌や髪色に合わせて主張が激しすぎないカラコンにしましょう。

(4)ギトギトな唇

『デロデロな感じの唇を見ただけで、この子とは価値観合わないなって思ってしまいます』(28歳/公務員)

一番、女性の色気を感じる部分は唇です。
年齢を重ねてグロスを塗りすぎるとテカテカしすぎてしまいます。
男性からも、ベトベトして油っこい物を食べたあとみたい、とあまり人気がありません。

風が吹くと髪の毛もペタっと唇についてしまったり、清潔感とかけ離れた印象に。
色気をだすためには、口紅やリップグロスはとても重要なアイテムです。
ただ、大人の女性としての色気と清潔感を失わないように気を付けましょう。


今回は、男性がメイクしないほうがいいと思う瞬間をご紹介しました。
女性にとってメイクは身だしなみの一つですし、コンプレックスを隠す重要なことです。

男性にメイクをしないほうがいいと思われている瞬間は同性からも思われているはず!
自分を客観的に見て、メイクの仕方やメイク直しをするように心がけましょう。

(文/恋愛jp編集部)