第一印象が良いにこしたことはありませんが、もし悪くても挽回のチャンスあり!
人はギャップに弱いものです。
印象の違う部分を見た時に、異性として意識することがあります。

今回は、男が「第一印象が悪かった女子」を好きになった瞬間を紹介していきます。

(1)派手な印象だったけど、実は家庭的

『すげーギャルなのに、見た目によらず家事をしっかりこなしていると聞いたときは驚きましたね』(31歳/IT)

ファッションが派手な女性は遊んでいるイメージがあります。
派手なネイルをしていると、自炊などしてないようだと思われがち。
見た目が派手だと、第一印象はあまり良くない傾向に……。

しかし、そんな女性に家庭的な一面があると、そのギャップに惹かれるよう。
自分のお弁当を作ってきていたり、自炊をしていることがわかったりすると、一気に興味が沸いてきます。

家事ができないような女性ができると分かった時の衝撃は大きいよう。
派手な格好を好む女性は、是非家庭的な一面をアピールしてみて!

(2)うるさい印象だったけど、実は真面目

『いつもギャーギャーうるさいのに、真面目にバイトしている姿を見てオチました……』(22歳/学生)

盛り上げることが好きでうるさい印象だと、第一印象はあまり良くありません。
また、なれなれしく話しかけてきて、一方的に話をする人もうるさい印象になりがち。
騒がしい印象の人は、落ち着きがなく女性らしさが欠ける印象に……。

しかし、そんな女性が、実は真面目だと印象はガラッと変わるもの。
仕事中は、責任感もあり真面目な雰囲気であると、ギャップ萌えします。
盛り上げることが好きな人は、実は気遣いで周りを楽しませようとする人が多いので、その一面に気付くと一気に惹かれるのです。

誰に対しても平等に話しかけることが、気遣いができている証。
また、オンとオフをきちんと分けることが大切です。

(3)無愛想だったけど、実は恥かしがりや

『意外な反応に「キュン♡」』(27歳/出版社)

一緒に話をしても、反応がなく無愛想だと楽しくありませんよね。
目線も合わせてくれないと、第一印象は最悪。
きっと自分と話しても楽しくないのだろうと思い、話をすることを避けるようになります。

しかし、無愛想なのは恥かしがりやで人見知りだったと分かると、急に可愛らしく感じるもの。
印象がこれまでと変わり、まわりの知らない彼女の一面を知ったようで惹かれていきます。
恥かしがりやで人見知りの人は、そのことを相手に伝えることが必要です。

(4)男っぽい印象だったけど、実は優しい

『見た目がサバサバしているのに、実は心配性!』(29歳/プロデューサー)

少しがさつで男っぽい印象だと、女性としての魅力にかけるので恋愛対象外になります。
やはり彼女にするには、女性らしく異性として意識する相手を選ぶもの。
恋愛対象外になると、第一印象は良くない傾向に!

しかし、男っぽいイメージだった女性の優しい一面をみるとドキッとするもの。
女性として意識していない人が、急に女性らしく見え異性として意識するようになります。
なかなか女性らしく振舞えないという人は、まずは友達になってから意外な一面を見せると印象は変わってきますよ。


第一印象が悪いと、その評価はそれ以上下がることはありません。
むしろちょっとしたことでも好印象に!
もし、初対面の時にあまり良くない印象を持たれていたとしても、挽回するチャンスはいくらでもありますよ。

(文/恋愛jp編集部)