自分がその気になったのに、彼がいまいちノリ気じゃないなんてことはありませんか?
そんな時、男をもっとその気にさせるテクニックがあればいいのにと思いますよね!

今回は、男をギンギンにする魔性テクをご紹介!
是非実践してみてください。

(1)普段より喘ぎ声を出してみる

『反応いい子に、ボクの下半身も反応しますね』(29歳/飲食)

自分から責めたりするのが苦手な人におすすめなのが、普段より喘ぎ声を出してみたり、声を少し大きく出してみることです。
男は「普段より感じているんだな」と、やる気がおきます。
自分から何か仕掛ける必要もないので、少し大胆になりたいけど、自分から何かするのが苦手な人におすすめです。

(2)普段と違う体位を試してみる

『たまにはバックで……なんて興奮して鼻血』(31歳/不動産)

例えば、いつも正常位だけど、騎乗位でやってみるとか、バックをおねだりしてみるとかがいいでしょう。
体位は相性があるので、どれもこれも気持ちいわけじゃないと思いますが、二人で挑戦して、普段と違う感じを味わえることで男も興奮します。
いつもと違う感じ方ができたり、男の新しい性癖の傾向が発見できたりするのでおすすめです。

(3)彼の性感帯や弱い部分を同時に責める

『そんなに責めたら、意識が飛ぶよ♡』(28歳/薬剤師)

男をギンギンにするためには女性にもテクニックが必要です。
男が責められて好きなところを同時に触ってみましょう!

両手を使い、時には乳首をこすり当てて、更にキスしながら責めると男は興奮するはず。
乳首やアソコを手や舌で責めるようなテクニックは男をギンギンにしてくれるので、是非身につけてください。

(4)「入れてほしい」など要望を口に出して伝える

『光の速さでいれます!!!!』(22歳/運送)

身体を使ってその気にさせることも大事ですが、言葉を使って男をギンギンにすることもできます。
例えば、「エッチしよう」と自分から誘ってみる、「こうしてほしい」と自分からお願いしてみる「ゆっくり入れて」など普段と違うリクエストをしてみるなどです。

男はエロいお願いをされるとやる気がおきます。
自分が気持ちよくなるお願いをすると、感度もよくなり、エッチが盛り上がることでしょう!


エッチはパートナーごとで相性も、気持ちよさも……して欲しいことも違います。
自分の希望を伝えるのも大事ですし、相手のしたいことを知るのも大切です。

受け身でするのではなく、相手を深く知るための行動をすることが、男をギンギンにするための一番の近道かもしれません。
普段聞きにくいことでも、エッチの最中は少し大胆になって聞けるので、たまには女から責めて、彼を開発してあげてみてください!

(文/恋愛jp編集部)