女ウケ最悪なぶりっこですが、男性からはまだまだ可愛いと思われているよう。
あざといと分かっていても、それでも可愛いさにノックアウト!
今回は、男が悔しいけど可愛いと思う「女子のぶりっこ」を紹介していきます。

(1)両手を顔に寄せて喜ぶ

『あんまりしてる子いないですけど、だからこそ、こういう女性見ると、女子っぽいなーって思っちゃいますね』(27歳/サービス)

ぶりっこ定番ポーズ、喜ぶ時に両手を顔に寄せる王道技!
定番ポーズなので、男性もぶりっこでしていると分かっていますが、それでも可愛いと思ってしまうポーズ。
リアクション大きく喜んでもらえると、嬉しくなるからです。

反応のない女性と話をするよりも、リアクションのある女性のほうが、話していても楽しいですよね。
分かりやすい反応の返ってくる女性とは、もっと話したい、また喜ばせたいと思うようになります。
しかも、可愛いポーズで喜んでくれると、不覚にもキュンとなります。

(2)料理のおいしさを過剰にアピール

『美味しいって感動してる姿を見ると、また連れていきたいなってなります。単純ですね』(33歳/人事)

これもぶりっこ特有のリアクションが大きいことが関係しています。
一緒に食事をする時は、やはり相手が美味しいと思っているかは気になるところ。
食事を美味しく食べてくれる人とは、一緒にいても楽しいですよね。

過剰にアピールしていることが分かったとしても、可愛くうつるもの。
機嫌良く美味しく食べている姿は、あざとくても微笑ましいです。
言葉でアピールすることも大事ですが、ぶりっこらしく体全体で美味しいことを表現することが大切!

(3)子どもや動物と戯れる

『なんでも可愛いーって言う子は苦手だなって思うんですけど、実際に楽しんで遊んでる姿とかを見ると騙されがちです』(28歳/営業)

ぶりっこは可愛く見せることに長けています。
子どもや動物と戯れる姿は、男性から可愛くうつると分かってやっている確信犯。
戯れている時は、優しさや少女らしさ、母性など色々な面を表現でき、良い部分を引き出すことが可能。

「どうせ子ども好き、動物好きアピールでしょ」とバレていても、戯れている姿は可愛くうつります。
男性にあざとさが分かっていても可愛く見えるには、本気で子どもや動物と戯れることが必要。
口先だけでは、あざとさしか残らないので、注意して下さいね。

(4)全て両手持ち

『両手で何かを持ってる姿をみると女の子らしいなって思っちゃいますね』(26歳/広告)

これも、ぶりっこ特有のパフォーマンス、何でも両手持ち!
カップを持つ時、男性にモノを手渡す時、バックを持つ時、必ず両手持ちします。
もちろんそれが可愛いと分かっているからです。

ぶりっこの可愛さは、仕草が魅力的であること。
両手持ちは、女性らしい仕草なので、あざといと分かっていても異性として意識します。

また、その仕草が自然にできることで、わざわざ自分のためにしたのではなく日常的にそうしていると思い、ぶりっこではないのかもしれないと思ってくるものです。


ぶりっこは男性目線を意識しているので、自分の可愛らしさを最大限に活かします。
あざとさが分かっていても可愛く見えるって最強ですよね。
必要以上のぶりっこは女性を敵にまわすのでおススメしませんが、少しのぶりっこは男ウケを考えると必須ですよ。

(文/恋愛jp編集部)