自分ではバッチリと思っているメイクでも、男から見ると怖メイクになっている場合も。
「メイクがうまい!」と自分で思っている人ほど、実は怖メイクになっていることがあります。
恐怖を感じさせるメイクっていったいどんなメイクなのでしょうか?

(1)まつ毛がエグい

『そのまつ毛どうなってん?』(29歳/経理)

アイメイクには力を入れる!と思って、まつ毛をつけすぎてしまう女性がいます。
まつエクをセルフでする時には、あまりエグくならないように気を付けましょう。
自然な雰囲気で、少しまつ毛の長さを感じさせるぐらいがベスト

盛りすぎているまつ毛を間近で見て、引く男は多いのです。
自分では「目が大きく見える!」と思うかもしれませんが、不自然なメイクは怖メイクになりがちなので気を付けて!

(2)とにかく白い

『シロクマかと思ったわ』(31歳/飼育員)

色白に見せたい思いから、つい白くしすぎてしまうことも。
でも顔色が悪いように見えて、男から見ると怖いかもしれません。
ファンデの色が白すぎて、自分の肌に合っていない可能性も。

ファンデを選ぶ時には、手の甲につけて浮かない色を選びましょう。
色白に見せたい!と頑張りすぎると、怖メイクになりかねないので自分の肌の色に合うメイクを心がけたいですね。

(3)眉毛が薄い

『脱毛しちゃったのかい?』(29歳/看護師)

眉毛は薄めにした方が女性らしいと思い、眉毛を薄くしてあまり書かないようにすると実は怖い雰囲気になってしまうのです。
ちょっとお化けっぽくない?と男は思うかもしれません。

でもはっきり言うようなことはないので、自然に連絡が来なくなることも。
かといって、眉毛を濃く書きすぎるのも怖いですよね。

今ある自分の眉毛をいかすようにして、自然な雰囲気に仕上げるようにしてみましょう。
眉毛の雰囲気を変えるだけで、かなり表情が変わります。
怖いなんて言わせないような、素敵な眉毛になるようにチャレンジ!

(4)リップの色が暗い

『どうしてその色選んだ?ほかになかったの?』(25歳/医大生)

ナチュラルメイクがベストと思うため、リップの色を真っ赤ではなくて少し暗めにする場合も。
唇の色がもともと明るい女性なら、グロスだけでも十分かもしれません。
でも少し暗めの唇の色だと自分で思う場合は、出来ればリップの色は少し明るい方がいいでしょう。

唇の色は、その日の体調によっても変化します。
寒い日にはどうしても血色が悪くなりますよね。
これを理解したうえで、少し明るめの色のリップを選ぶのも良いでしょう。


怖メイクだと思われると、男は引いてしまい話すのも怖くなってしまうのです。
メイクについて理解をしていない男から見て、表面的にどう見えるのかが全て!
このため、女性は怖メイクにならないように意識してメイクをしたいですね。

(文/恋愛jp編集部)