ショッピングや映画、食事に行くのとは違い、遠出のお出かけデートはちょっと特別なイベントですよね。
2人で過ごす時間も多いので、距離を縮めたいならお出かけデートは最適!
では、どんなことに気をつければ、もっと仲良くなれるのでしょうか?

今回は、お出かけデートで使えるモテテクを紹介していきます。

(1)彼に頼る

『色々任せてくれると、信用されている気がして嬉しい』(27歳/商社)

遠出のお出かけならば、ある程度男性は下調べをしてくれます。
彼のプランに賛同すると、男性は頼られていると感じ嬉しくなります。

男性は頼られることに喜びを感じるもの。
全て彼任せにするのは良くありませんが、ある程度は彼に頼ってOK。
ただし、意見を聞かれた場合は、自分の意思表示をするようにしましょう。

もちろんこの時に褒めることも忘れないように!
間違っても、彼が決めているプランを批評することはNGですよ。

(2)トラブルはチャンス

『お目当ての店が休みだった時、彼女が「次の楽しみができたね」って言われてキュンとした』(30歳/サービス)

お出掛けにはちょっとしたトラブルがつきもの。
道を間違えた、渋滞にはまった、行こうと思っていた店がお休みだったなど、プラン通りにいかないこともあります。
そんな時に、不満をぶつけるのではなく、どう楽しむかが大切!

トラブルがあると、男性も申し訳ない気持ちになります。
そこに畳み掛けるように不満をぶつければ、テンションはガタ落ち。

トラブルは、いつもとは違う自分の一面を見せるチャンスです。
マイナスのことをプラスに持っていく、柔軟な心が必要となります。

(3)頑張りすぎない

『ずっとテンション高いとぐったりする』(33歳/不動産)

2人っきりの時間が多いお出かけデートは、ついついテンションが上がりますよね。
また、話を盛り上げなくてはと、張り切り過ぎてしまいます。

最初からテンション高く話をしたり、必要以上に気を遣ったりすると、自分も相手もデート後半は疲れてしまいます。
デート終わりには楽しい思い出よりも、疲れたなという印象が強くなっては台無し!

頑張り過ぎないリラックスした雰囲気を作ることが大事
そのためには、ちょっとの沈黙を恐れないこと。
長い時間一緒にいれば、2人が話さない瞬間もあるということを受け入れましょう!

(4)楽しそうな笑顔

『デート中「楽しい」って何度も言ってくれると、また一緒に来たいってなる』(26歳/SE)

デートでは、女性が楽しく感じているか男性は気になるもの。
女性が隣で楽しそうな笑顔をしていることが、幸せを感じる瞬間です。

緊張して表情が作れない時もあるかもしれませんが、それだと楽しく感じているのか分からずに不安になります。
緊張していても、できるだけ笑顔でいることが大切

もちろん言葉で「楽しい」や「嬉しい」といった感想を伝えることも大事。
まずはデートを楽しむこと、彼と一緒の時間を楽しむことを念頭に置くようにしましょう。


お出かけデートは、たくさんの時間を彼と一緒に過ごせますよね。
そのぶん、相手の嫌な部分が見えることもあります。
もちろん、これまで知らなかった新たな一面も見れるので、まずはデートを楽しむようにすると良いですよ!

(文/恋愛jp編集部)