男性は色気がある女性に弱いです。
ですが、常にフェロモン全開だと逆に尻込みしてしまいます。
自分だけに思わず溢れて出た仕草、目線、セリフなどにグッとくるようです。

今回は男性が色っぽいと感じるセリフをいくつかご紹介します!

(1)寂しい

『この一言で今後の展開を色々期待しちゃいます』(29歳/不動産)

2人で楽しい時間を過ごした夜、帰る時に「寂しいな」と言ってみましょう。
この言葉は言い方次第で、雰囲気をガラッと変えることができます。
色っぽさを出すなら、あえて相手と目線を合わせずに呟くように言うこと。

男性から見ると目線をそらされているのでどんな表情をしているのか、さらにはどんな意味あいが含まれているのか分からずドキドキしてしまうんです。

(2)ありがとう

『はにかんで言われると抱きしめたくなります』(34歳/公務員)

親しき中にも礼儀ありと言いますが、どんなときでもお礼や感謝は大切です。
少しでも自分が嬉しかったり、自分の為に何かしてくれたら気持ちを伝えましょう。

男性は女性が思っているより、プライドが高く単純な部分があるので「俺が○○をしてあげた」ということに自信がつき他にも何かしてあげたいと思ってくれます。
伝えるときには、上目使いで少し照れた感じで言うと男性は思わず抱きしめたくなってしまうかも?!

(3)早く会いたい

『電話などで切なげに言われたら、無理にでも時間を作って会いにいきます』(25歳/広報)

会っているときに、自分の気持ちを態度で伝えられない人が言うと男性がメロメロになってしまう魔法の言葉「早く会いたい」です。
この言葉を言われたらハードな仕事でも、きっと会う時間を増やしてくれるはず。

ポイントは言いすぎないこと
気持ちを伝えることは大切ですが、伝えすぎるとそれが「当たり前」になってしまい新鮮さがなくなってしまいます。
少し距離を保って追いかけたくなる女性を目指しましょう。

(4)もう少しだけ

『帰り際にこの言葉を言われたら、離したくなくなります』(30歳/営業)

2人でいるときに「帰りたくない」とストレートに言われるのもちろん嬉しいですが、色気を出したいならこの言葉「もう少しだけ」です。
一度、「もう少しだけ」で数秒待ちましょう。
そのあとにどんな言葉がくるのか想像させる時間をじっくり持たせたあとに、その言葉を発するのが効果的です。

男性によっては次の言葉がなくても気持ちを理解してくれるかもしれませんよ……?


いかがでしたか?
色気のポイントは全てをさらけだすより、自分の気持ちを少し隠してミステリアスな雰囲気を持たせること。
服と同じで全てを露出するより、男性の妄想を膨らませるような伝え方をすることでより色っぽくなります。
今年は少し勇気をだし、色気のあるセリフで男性を虜にしちゃいましょう!

(文/恋愛jp編集部)