アラサーを過ぎるとかわいい子アピールや天然アピールには限界を感じるようになりますよね。
モテたい…でも色気がない。

今回はそんなアラサー女子へ、日常でも割と取り入れやすい男を虜にする「どエロ仕草」をまとめてみました。

(1)食べ物を「フーフー」する仕草

『僕のアソコもフーフーしてほしい、可愛すぎて湯気がでちゃったよ…♡』(28歳/広告)

アツいものに息をかけて冷ます仕草ですが、一工夫でこれがどエロ仕草に代わります。
まず、食べ物を口の前に持ってきながら、髪を耳にかけます。
そして唇を突き出しすぎず、ゆっくり強すぎない息をかけるのがポイント。

伏し目がちになる様子や、息を吹きかける顔がキス顔に似ていることから、男にとっては「どエロ」仕草に感じるようです。

(2)眠たそうに目をこする仕草

『無防備な感じにキュン』(25歳/企画)

男が好きな仕草の一つに、女子が眠そうに目をこするというのがあります。
仕事の後や、デートの帰りにふっと襲ってくる睡魔と戦っている様子を見ると、普段とのギャップに萌えるようです。
口がつい半開きになっているのもエロく感じますよね。

睡魔と戦いながら、何とかしようと目をこすっている仕草は隙が見えて男がぐっとくる「どエロ」仕草なんです。

(3)電車でよりかかってくる

『肩にもたれかかったついでに、そのままフェラしてほしい』(27歳/IT)

眠そうに目をこする仕草と近いですが、電車移動の時、つい睡魔に襲われるときなんかにしがちなこの仕草。
男は「どエロ」さを感じています。
普段はなかなか感じられない距離感や、髪のにおいや伝わる温度がダイレクトで、男はついムラムラしてしまいそうになります。

無防備な状態で寄りかかることで、男からすると相手を信頼してると思われるようです。

(4)首をかしげる

『困り、苦悩し、悩み苦しむ姿に悶えます』(25歳/商社)

分からないことがあったり、失敗を指摘したりした時に女性が首をかしげる様も、男からすると「どエロ」仕草になります。
首をかしげることで普段意識しない首筋が見えて、そこにエロを意識させるのだとか。

どこか困惑した様子も、気になるポイントの一つですよね。

(5)胸を寄せて谷間がチラみえした瞬間

『スモールライトで小さくなって、その谷間にダイブしたい』(32歳/企画)

王道ですが、自然にできてなおかつ普段の仕草に取り入れやすい「どエロ仕草」です。
男はどうしても胸の方に目がいってしまいます。
少しかがむときや、しゃがむときなどに、伏し目がちにしてさり気に胸を寄せて谷間を作ってゆっくり視線を上げてみてください。

視線が合った男性は「どエロ仕草」にたまらないという顔をしているでしょう。


「どエロ仕草」と分かっていても、なかなか実行したり、自然にしたりするのは難しいものです。
ただ、響くのであれば、無理なぶりっ子をするよりも楽だし、男心をつかめるはず。

日常に取り入れやすい「どエロ仕草」で男心を掴んでみてください。

(文/恋愛jp編集部)