付き合っている年数が長くなると、付き合い当初のようなラブラブさとは違う2人の形が出来上がっていると思います。
でも何年付き合っても彼と仲良しでいたいですよね。
たまには、色気を出して彼が喜んでくれるような行動をしてみませんか?

(1)唇を舐める

『誘ってる?と勘違いしてしまいます』(32歳/コンサル)

唇を舐める仕草は食事中に思わず彼をドキっとさせることができます。
セクシーさの象徴である唇を舐める仕草は、本能的に男性の妄想を掻き立てることが出来ます。
指の腹で拭うのも効果的です。

ただマナー的にはよくないので、外食の時にはナプキンやハンカチで口を拭いてくださいね。

(2)ボディータッチ

『彼女から触られると帰したくなくなります』(33歳/マーケティング)

色気のある動作で、ストレートなものはボディータッチです。

ですが、しっかりと手を握ったり腕を組んだりするのは色気がありません。
大人の女性のセクシーさをだすには、そっと触れるか触れないか程度にしましょう。
タッチの仕方はソフトですが、手を握ったら指を動かし彼の指をなぞるのがポイントです。

甘えた感じが出るのと同時に、彼をドキッとさせることができます。

(3)足を閉じて座る

マナーにも色気にも必須になってくるのは足を閉じて座るということです。
特に、スカートを履いた日に椅子に座る時は必ず足を閉じて座りましょう。

この行為は色気が出るというよりは、足が開いているとそれだけで色気がないズボラな印象になってしまうんです。
習慣化して常に足を閉じられるようにしましょう。

(4)髪をかき上げる

『髪をかき上げた時の髪のサラサラ感にグッときます』(27歳/SE)

髪をかきあげるのは色気の動作としては、王道ですよね。
ですが注意しなければいけないのは、髪のかき上げ方を間違えると古臭い印象になってしまうのと同時にザザっとかき上げてしまうと男っぽくになってしまいます。

うつむき加減で、ゆっくりめに髪をかき上げるのがポイントです。
この仕草は大人の女性の印象を与えることが出来ます。

いつもは甘えていても、たまには髪をかき上げて大人の雰囲気を演出してみてはいかがですか?


今回は彼がウハウハする色気がある行動についてご紹介しました。
色気は上品さと紙一重です。
色気をフェロモン全開と勘違いしてしまうと下品な印象になってしまいます。

色気がある行動をするときには、必ず女性らしさや上品さがあるか考えるようにしましょう。

(文/恋愛jp編集部)