突然ですが、「ザイオンス効果」というものをご存知ですか?
普段生活しているなかではあまり聞き慣れない言葉だと思いますが、覚えれば職場の人間関係や恋愛にも役立つ便利な心理効果です。
今回は、ザイオンス効果についての説明と、モテテクへの応用の仕方をご紹介します。

そもそも「ザイオンス効果」とは?

ザイオンス効果とは、単純接触効果とも呼ばれ、アメリカの心理学者ロバート・ザイオンスにより発表されました。
ザイオンス効果を簡単に説明すると、人間は会う回数が多くなればなるほど、情が生まれ相手に対する好感度も上がるという心理です。

このザイオンス効果を利用すれば、気になる男性に好意を持ってもらうキッカケを作ることも出来ます。
では、具体的にどう行動すればザイオンス効果をモテテクとして応用できるのでしょうか?

ザイオンス効果を恋愛に応用するには

(1)LINEやメールを頻繁に送る

まず、簡単な方法として、相手にLINEやメールを頻繁に送るのもいいでしょう。
その場合、やたらと長い長文は避け、なるべく短い文章を心がけるコト。
あまりに長い文章だと、男性は重く感じてしまいます。

メールの内容は些細なことで構いません。
ザイオンス効果では、相手と長く接触することよりも、短くても何度も接点を持つことが大切なのです。

(2)出来れば会う機会も増やす

メールやLINEを送ることも効果的ですが、出来れば実際に会う機会を増やした方がいいでしょう。
やはり、直接会って話した方がザイオンス効果の効き目は強くなります。

会うキッカケはそこまでこだわる必要はありません。
「ちょっと相談したいことがある」「話題の映画観に行かない?」等の理由で十分です。
あまり深く考えすぎず、あくまで自然な感じで誘った方が上手くいくでしょう。

(3)相手に「居心地がいい」と思わせる

本当にただ会うだけでは、ザイオンス効果はあまり期待できません。
会うたびに嫌な印象を与えていたのでは、ザイオンス効果も逆に働いてしまうことがあります。

基本的に、一緒にいて居心地のいい関係を目指しましょう。
無理にアプローチなどをしなくてもいいので、自然体で安心できるような関係を築けるように意識してください。
そうすれば、ザイオンス効果もだんだん聞いてくるはずです。


ザイオンス効果は、相手に良い印象を与えていれば効果的に働いてくれるものの、悪い印象を与えているとむしろ悪い方に働いてしまいます。
会う回数を増やすことも大切ですが、自分が相手に嫌な印象を持たれていないか注意してください。
また、あまりに積極的に誘いすぎても逆効果なので、バランスを考えることも大事です!

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)