普段、どんなに紳士な態度を取っている男性であっても、根本はオオカミです。
もっと彼の男の部分を見たい、という女性のために……。
今回は、男性が強引なキスをしたくなる「彼女の行動」を4つ紹介します。

(1)涙ぐんで見つめてくる時

『子犬みたいな目しないでおくれ♡』(29歳/アパレル)

男性は、弱いものを守りたいという本能が備わっています。
よく、女性の涙に弱いという話を聞いたことがあると思いますが、あれはまさしく「俺が守りたい」という男性心理を利用したテクニックでもあるのです。

ただし、泣いているだけではダメです。
涙ぐみ、顔を赤らめながら男性の顔を見つめるのがポイント。
すると、可愛いという感情と守りたい感情が入り交じり、我慢できずキスをしてしまうわけです。

(2)目がトロンとしている状態

『キスしてって言っているよね?これは……』(24歳/デザイナー)

よく、お酒が入っている時にキスをされた、話があります。
確かに、お酒が入ることで顔が赤らみ、興奮しているような印象を与えるのでキスしたくなる気分が誘因されます。

ただし、男性にとって最も強引にキスをしたくなるのは、トロンとした目です。
焦点のあっていないトロンとした目は、色気と危うさを兼ね備えており欲情を誘います。
お酒の力は、ある意味では偉大なのです。

(3)二人きりになって見つめ合う

『光の速さで唇に行きますわ』(31歳/保険)

男性は女性と二人きりになりたがります。
さまざまな理由があるでしょうが、とりあえず「俺の魅力をわかってほしい」という、意識のあらわれでしょう。

男性は、女性と二人きりになり、少し無言で見つめ合うシチュエーションになると、何故か強引にキスをしたくなります。
「この女性は自分だけのために存在している」と思い込んでしまうため、急激にキスをしたくなってしまうのです。

(4)微妙な嫌がり方をされた時

『冗談ぽい感じが、逆にそそる』(29歳/美容師)

ふざけて、「キスしちゃう?」と茶目っ気たっぷりに聞いてくる男性がいます。
彼らは大変チャラいわけですが、そういった時に、「ええ~やめてよ~」とか「ここでは無理~」など、全否定されていない場合は男性本能に火がつきます

普段、冷静な男性であっても、なぜかキスしていいか?の質問で1%しかOKの確立が無くても、その1%に賭けたくなるようです。
結果、ちょっとした嫌がり方を「本当はしてほしいんだな」と勘違いしてしまい、強引にキスをしてくる>のです。
そういった時のキスほど興奮する、という不思議な感覚に教われるので、男女ともにやめられないようです。


ここでは、強引なキスがしたくなる「彼女の行動」について紹介しました。
少し、彼を男にしたいと思っている女性はこれらを参考にして、シチュエーションをつくってみてはいかがでしょうか。
きっと、忘れられないキスができるかもしれませんよ♡

(文/恋愛jp編集部)