デートが上手くいってても、最後の最後でドン引きれて次がなかったなんてことになったら悲しいですよね。
だから女性の身に着ける勝負下着選びはとっても大事なんです。

そこで今回は、彼がドン引きする女の「勝負下着」はどんなものなのか集めてみました。

(1)エロすぎる勝負下着

『狙いすぎは逆に冷めますなぁ』(28歳/広告)

気分を盛り上げようと、エロすぎるきわどい下着を用意していませんか?
エロを狙うならTバックや上品なレースからのチラ見えくらいにとどめておくのが良いでしょう。
行き過ぎたエロ下着は、ベットインの時の温度差を生み、男が萎えてしまうこともあります。

男はそういう、エロすぎるイレギュラーな勝負下着は、AVやセフレにしか求めません。

(2)オシャレすぎて脱がしにくい勝負下着

『するっと脱がせてくれーや』(26歳/企画)

オシャレすぎる下着を張り切ってつけていても、それをじっくり見られることはあまりありません。
特に初めてベッドインする場合に、男はさわり心地や脱がしやすさくらいしか注目できないんです。
だからホックが片手で外せないような特殊な外し方をするものだったりすると行為が止まって興ざめしてしまいます。

男のやる気が削がれないよう、オシャレすぎる勝負下着はデートの時は避けましょう。

(3)肌触りの悪い勝負下着

『もっといいパンツ買ってあげようか?』(32歳/金融)

エッチはお互いじっくり下着を見る余裕なんてなかなかないものです。
では、どんなところに注目しているか、それは肌触りです。
安い肌触りの悪い下着をつけていると、元カノと比べられたりして残念と思われてしまうかも。

勝負下着は少し高くても肌触りのいい素材のモノを選ぶようにしましょう。

(4)派手すぎる勝負下着

『気合が伝わってちんぽがショゲる』(24歳/営業)

男は勝負下着にどんなものを求めていると思いますか?
実は、「やる気」を感じられるものより、上品で「清楚」なものを好みます。
色やデザインの派手さにこだわっても、男にはそんなに響かないのです。

色は白を基調とした女性らしい明るい色をチョイスし、装飾はレースくらいにとどめておくのが良いでしょう。


男が好きそうな勝負下着を選べたら、次に気を付けるべきことはにおいです。
一日中身に着けている下着は、どんなに上品なものを選んでも蒸れてくさくなりがち。
いざという時に勝負下着をつけていても、自信がなくなってしまいかねません。

だからボディクリームなどでお肌からいいにおいをさせたり、香水やミストを上手に使ったりして爽やかな女性らしいにおいを維持できるようにしてみてください

(文/恋愛jp編集部)