好きな彼とのデートはとても緊張します。
ですが、二人の距離を縮めるチャンスでもあるので、ぜひ頑張りたいところです。
今回は、男性をキュンとさせ、夢中にするためのデートテクを4つご紹介します。

(1)第一印象で惹きつける

『いつもスーツ姿の女性が可愛い服装をしていると、会った瞬間にドキッとします!』(27歳/金融)

恋愛での第一印象は強力です。
会ってすぐに女性らしさを意識させると、その後のやり取りも意識されやすくなります。

デートでは、スカートなどの女性だけが着られるファッションを選びましょう。
「男性では再現できないファッション」に魅力を感じる傾向にあるからです。

パンツスタイルでも、女性らしいアイテムを積極的に取り入れれば効果が期待できます。
ノースリーブ、シフォン・レース素材、ヒール、可愛いアクセサリーなどと合わせましょう。

待ち合わせ場所で彼を見つけたら、とびきりの笑顔で駆け寄りましょう。
彼はきっと「会うのを楽しみにしてくれてたんだ」と純粋に嬉しくなります。

(2)「ミラーリング」で心の距離を縮める

『一緒に居て心地がいいと何度でも会いたくなります』(33歳/営業)

人は相手と打ち解けると同じ動きをする性質があり、心理学の用語で「ミラーリング」と言います。
これを意図的に行うと、親密に感じさせることもできます。

実践方法は簡単。
相手の手振り、話すスピード、言葉遣いなどをたまにシンクロさせましょう。
例えば、相手と同じタイミングに飲み物を飲む、というのは自然で効果的。

彼が無意識に同じ動きをするようになったら、あなたを信頼し始めているサインです。
次第にあなたの居心地の良さにキュンキュンしてしまうでしょう。

(3)リアクション上手になって彼を喜ばせる

『一緒にはしゃいてくれる子がタイプです』(アパレル/25歳)

相手のリアクションがあると「自分を受け止めてくれた」と感じ、嬉しくなるものです。
話を聞くときは、相手側へ身体を向けましょう。

「うんうん」「そうなんだ」と頷きや表情も交え、声と動作の両方で相槌を打つのがポイント
途中で「面白い」「悲しい」などの言葉で、「私も同じ気持ちです」というアピールもしましょう。

リアクションが難しく感じるなら、まだ彼の話を聞ききれていないからかもしれません。
まずは会話を掘り下げてみましょう。
彼の心情に合ったリアクションが取れると、彼も会話が楽しくてたまらなくなるはずです。

(4)帰るタイミングはちょっと物足りないくらいがいい

『もっと一緒にいたい気分だと、すぐに次のデートに誘いたくなります』(29歳/公務員)

楽しい時間はずっと続いてほしいですが、長時間のデートは彼をマンネリさせてしまいます。
彼と打ち解けた後は、遅くなる前に帰る方がいいです。
「本当はもっと一緒にいたいけど」と気持ちを伝え、素敵な笑顔でお礼を言いましょう。

去り際は特に大切です。
歩く途中で彼を振り返り、相手の記憶に焼き付けましょう。


いかがでしたか?

デート中の居心地の良さと、あなたが手に入りきらないもどかしさを感じさせるのが重要です。
帰ってからあなたのことを考えさせるきっかけになります。
この4つのテクニックを意識して、頑張って彼と親密になりましょう!

(文/恋愛jp編集部)