男性は視覚からの情報に強い刺激を受けます。が、聴覚もたいへん敏感であり、言葉からの刺激も大変重要であることがわかっています。
そのため、女性が発したちょっとしたセリフに反応してしまい、男性本能を目覚めかけてしまうことがあるのです。

ここでは気なる男性たちをその気にさせる、男性本能が目覚める「彼女のセクシーセリフ」を4つ紹介しましょう。

(1)ここで脱いでいい?

『もう……どうぞよろしくお願いしゃす!』(27歳/飲食)

夏場、どうしようもなく熱くて辛い日があります。
女性の多くは日焼け対策であったり、ビジネスマナーのひとつとしてジャケットやカーディガンなどを羽織りますが、どうしても脱ぎたくなる時が出てきます。

そんな時、「すみません。ここで脱いでいいですか?」と上司や近くの人たちに確認をとるはず。
「脱ぐ」というキーワードと、「ここで」の二つが妙に色っぽく、男性陣は固唾をのんでその瞬間に向けて待機してしまうのです。

(2)すっごい、暑い

『え?え?え?なにがすっごいの♡?』(31歳/金融)

暑いというセリフは、言い方によっては大変男性心理を揺さぶる言葉です。
「やば、あっつ~」などでは1ミリも興奮しませんが、「すっごい……暑い♡」と、小声またはサラッと言うと効果的!

また、暑いだけではなく「すっごい」が大切です。
男性が喜ぶセリフの中でも、「スゴい」は常にランキング上位の常連!
そこに、暑いが加われば、それだ、と思わない男性はいなくなるのです。

(3)もっとちょうだい

『なにがほしいんだい♡?』(28歳/芸人)

喉が乾いて仕方が無い時、女性から水を欲しがられることがあるでしょう。
確かに、夏場に限らず乾燥しているオフィスなどでは、水分補給を欠かすことはできません。

そんな時、男性に頼んで買ってきてもらいたいのは、ヘルシーな豆乳系飲料です。
透明のペットボトルでもいいですが、ストロータイプはとくに優秀です。

一気飲みしてから、「もっと、ちょうだい」と相手の目を見て言うと良いでしょう!
口元にやや白い豆乳飲料が残っていると、男性は高級な飲料でも購入しにいってくれるはずです。

(4)なんか興奮してきた

『では、始めましょうか。今夜も……。ね?』(33歳/メーカー)

人生には、テンションが上がるイベントが多々起こります。
いつもランチで購入しているお店が100円引きになっていたとか、そんな些細なところまで含めれば、毎日エキサイティングです。

そんな時、ポイントとしては「テンション」という言葉を使うのではなく、「興奮」という言葉を使用してみてください。
「ああ、もう興奮してきちゃった」と言われると、「こ、こ興奮!?」と男性陣は一気にアナタにアツい視線を注ぐはずです。
ぜひ、言い換えてみてください。


ここでは、男性本能が目覚める「彼女のセクシーセリフ」を4つ紹介しました。
ポイントは、雑な言い方ではなく、少し色っぽい仕草も交えて言葉を発するということです。

ちょっとしたことで、男性の心は動くものです。
ぜひ、チャレンジしてみてください!

(文/恋愛jp編集部)