一度男性とお付き合いしたら、やっぱり長く付き合いたいですよね?
「あわよくば、結婚も」と、考えるのは当然!
長く付き合うには、相手との会話や意思疎通が大切になってきます。

一番簡単な連絡方法として今はやっぱりLINEです。
長続きカップルのLINEはどんなLINEなのでしょうか?
今回は、長続きカップルのLINEについてご紹介します。

(1)完結な内容

『完結にくれるほうが返信しようって思えます』(30歳/コンサル)

LINEのやり取りをするうえで、相手に返信しようという気持ちにさせることが大切です。
ダラダラと小分けにLINEしてしまうと、返信が億劫になってしまいます。

確認したいことや伝えたいことを、なるべく完結に分かりやすく送ることがポイント。
そのほうが結果、返信が面倒くさくないのでやり取りの回数が増えていくんです。

(2)毎日やり取りする

『どんな仕事が忙しくても一回はLINEをしています』(26歳/サービス)

社会人になり仕事が多忙になると、家と職場の往復だけで疲れてしまい連絡が途絶えがちになってしまいます。
そのまま自然消滅にならないように、一日一回はLINEで連絡を取り合うようしてうるカップルが多いよう。
これは「連絡を取り合う」という行動ではなく、連絡をすることで相手のことを思う気持ちが重要なんです。

(3)素直に伝える

『素直に何でも言ってくれると嬉しい』(25歳/広報)

男性は女性が思っているよりも「察する」ということが苦手。
どうして拗ねているのか、怒っているのかを理解するのは男性にとって難しいので素直に伝えましょう。

もちろん、「ありがとう」や「ごめんなさい」も大切です。
面と向かって言えない時はLINEを使って、自分の気持ちを伝えられるようにしましょう。

(4)思いやりをもつ

『LINEなど関係なく相手のことを考えことが大切だと思います』(33歳/営業)

LINEは自分の好きな時に送信出来ます。
そして既読はつきますが、自分の暇な時間に読みことが出来ます。
ですが、だからと言って相手のことを考えずにLINEするのはNGです。

相手の生活スタイルをわかる範囲できちんと考えましょう。
深夜や早朝など起こしてしまう可能性がある時間帯は避けましょう。
どうしてもその時間しかないときは、たとえカップルであっても一言添えるようにするのが、長続きする秘訣です。


いかがでしたか?
相手のことを考えてLINEをしようとすれば、LINEのやり取りは自然に簡潔に時間を考え毎日やりとりすようになるはずです。
長続きするコツはLINEでも、会っているときなど関係なく、相手のことを大切に思うことですね。

(文/恋愛jp編集部)